スポンサーリンク

歯周病が作る酪酸が酸化ストレスを

 

日本人の成人の80%がかかっていると言われる歯周病ですが、その原因菌が作り出す『酪酸』がアルツハイマ病を引き起こす一因になる可能性があるというのです。

日本大学歯学部の落合邦康特任教授(口腔細菌学)らの研究チームが5月12日、福岡市で開かれた日本歯周病学会でラットによる実験結果を発表したものです。

歯周病と、アルツハイマー病の関連を示唆する現象が起きているのを確かめたのは、初めて事だそうです。

 

脳の機能が失われていくアルツハイマー病

アルツハイマー病は認知症の一種と言われ、脳の神経細胞が徐々に死に、脳の機能が失われていく病気です。

国内には約500万人いる認知症患者の、6~7割を占めると考えられています。

細胞死は、記憶や学習に関わる海馬の周辺から始まり、最終的には脳全体に広がり、発症しますと、まず少し前の出来事が思い出せなくなるのです。

 

そして、時間や場所がわからなくなり、言葉も使えなくなり、仕事や家事など段取りが必要な行動ができなくなり、人の顔を見ても判別がつかなくなります。

更に進むと、食事や入浴、着替えもできなくなて寝たきりに、そして発症後、平均10年で死に至る事になるのです。

 

原因として

アルツハイマー病を発症する要因はまだ完全に解明されていませんが、考えられている仮説の一つに、体内での酸化反応が組織や細胞などに様々な害を与える『酸化ストレス説』があります。

チームはこれ前の研究で歯周病の原因菌『ジンジバリス菌』などが作る酪酸が細胞内に取り込まれと、『鉄分子(ヘム)』、『過酸化水素』、『遊離脂肪酸』が過剰に作り出され、細胞に酸化ストレスを起こして壊してしまうことを明らかにしています。

そこで今回は、酪酸が動物の脳にどのような影響を与えるのかを調べたのです。

スポンサーリンク

 

健康なラット3匹の歯肉に酪酸を注射、6時間後に★海馬、★ホルモンの分泌に関わる松果体と下垂体、★様々な高度な活動を司る大脳、★主に運動機能の調整を行う小脳・・・について、酸化ストレスの状態などを分析しています。

すると、酪酸を注射したラットは通常のラットに比べ、すべての部位で平均35~83%も『ヘム』、『過酸化水素』、『遊離脂肪酸』の濃度が上昇していることが分かったのです。

中でも海馬での上昇率が最も高く、ヘムは平均79%、過酸化水素は平均83%、遊離脂肪酸は平均81%・・と濃度が上昇したという事です。

さらにアルツハイマー病の患者の脳神経細胞内では、物質輸送に関わるタンパク質『タウ』が異常に蓄積しますが、酪酸を注射したラットは通常のラットに比べ海馬で平均42%もタウの量が増加していました。

 

チームは実験結果について、注射した酪酸が血流に乗って脳内に入り込み、様々な異常を引き起こしたと見ています。

歯周病患者では、『歯周病ポケット』と呼ばれる歯と歯肉の間から、健康な人の10~20倍もの酪酸が検出されるというのです。

落合特任教授は『歯周病巣の酪酸が長期間に渡って脳内に取り込まれれば、アルツハイマ病を引き起こす一因になることは十分に考えられる。歯周病はすぐに生死に関わる病気ではないので放うって置く人が多いが、重大な別の病気に繋がる可能性が有ることを忘れてはいけない。早めに治療すべきだ』と指摘しています。

 

チームは今後、歯肉から脳内にどれだけ酪酸が入り込むのかを調べるそうです。

また、酪酸を注射した動物がアルツハイマー病を発症するかどうかを、行動分析などで検証する予定とのことです。

 

あなたのライフスタイルが変わります

 
薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ

20万人以上の医師が登録するm3.comを運営!エムスリーグループの医師転職支援

おまとめするならユーファイナンスのビッグローン