スポンサーリンク

筋力の増強で血流と冷えの改善が

 

妊活中に筋トレを行うと、様々なメリットが有るというのですが・・・・・・?

1人で筋トレを行うよりも、夫婦で行うとより妊活に効果的だという事ですが、下半身の筋力トレーニングが妊活に効果的な理由が有るというのです。

 

冷えが原因かも?

妊娠しにくい人の特徴の一つに体の冷えが見られるという事ですが、体が冷えていると血流が鈍くなり、妊娠するために必要な卵巣や子宮の機能が低下しまいがちになるというのです。

妊娠するためには、必要な栄養素をバランスよく摂取することが欠かせません。

口から取り込んだ酸素や栄養は血流に乗って全身へ運ばれていきますが、運動不足や冷えにより卵子や子宮の血流が滞っていると、せっかく栄養バランスを考慮した食事をしていても健康的な卵子を育てるために必要な栄養素が届きづらくなり、卵子の質が低下してしまうのだそうです。

そのため、筋力を増強して血流を改善することが大切だというのです。

なぜ筋力の増強が血流改善に必要なのでしょうか?人間の体は心臓がポンプの役割をすることで、全身の隅々まで栄養や酸素を運ぶわけですが、足先に流れた血液はふくらはぎの筋力によって再び身体の中心部へと戻るため、下半身の筋力を鍛えれば血流が改善しやすいと考えられるのです。

 

下半身の筋力を鍛える理由は?

全身の筋肉の大部分は下半身に有るとのことで、例えば歩いたり座ったり、屈んで物を拾い上げたりするなどの運動は、主に下半身を使いますよね。

年令を重ねるごとに筋力は衰えがちになり、体を動かす週間のない人はよく体を動かす人に比べて下半身の筋力が衰えていると言われています。

そのため効果的に筋力アップを図るのなら、スクワットのように下半身に集中した筋力トレーニング方法が良いそうです。

 

スポンサーリンク

 

また普段よりも多く歩くようにしたり、エスカレーターを使用せずに階段を使用するなどの工夫をするだけでも、下半身の筋力をアップする効果が期待できるということです。

 

筋トレは夫婦で一緒に?

妊娠を目的として妊活に筋トレを取り入れるならば、夫婦で一緒に行うほうが良いそうで、夫婦のコミュニケーションの時間として筋トレを行うことが推奨されているのです。

1人で筋トレを行っていると途中で飽きて辞めてしまったり、つまらなくなってしまいがちになるとのことですが、励まし合う相手がいれば長続きしやすいそうです。

男性が筋トレを行った場合、男性ホルモンを活性化させて性機能を高める効果も期待できるとのことです。

スクワットのなどの下半身を鍛える運動を行った後、30分から1時間程度ウォーキングのような軽い運動を行うのもオススメだとか、筋トレ後に有酸素運動を行うことで、余分な死亡が燃えやすくなり、妊活の大敵である肥満の防止に役立つのだそうです。

毎日トレーニングを行うことが難しい場合、週末だけでも夫婦のコミュニケーションの時間として、筋トレを取り入れてみてはいかがでしょう。

 

不妊は女性ばかりではなく、男性にも問題が有ることが最近のデータで分かっています。

妊活を楽しくするために夫婦でコミュニケーションを高めてみてはいかがでしょう。

飲めば細マッチョ!【FIRAマッスルサプリ】

 
妊活ブームで話題沸騰!!自宅でできる人工授精【シリンジ法キット】レビューで妊活サプリ「プレメント」をプレゼント!!

あの、マカの2倍!漲る男の自信と活力!
実感力に絶対の自信があるから、60日間全額返金保証中
若かりし頃を思い出す活力サプリ『クラチャイダムBLACK-MAX』 ★今だけ! 30日分が「無料」★

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>