スポンサーリンク

国内最高齢手術記録、滋賀医大病院で実施

 

滋賀医科大附属病院(大津市)は13日、大動脈弁狭窄症を患う長浜市市在住の99歳女性が、同症の新しい治療法である『経カテーテル大動脈弁留置術』(TAVI)を受け、治療に成功したと発表しました。

 

 

 

足の付根から入れたカテーテルで生体弁を心臓まで運び、全身に血液を送り出す機能を回復させたと云うのです。

 

胸にメスを入れる外科手術より格段に回復が早いとのことで、同病院の話によりますと国内最高齢の成功例となるそうです。

 

担当した医師は、『新しい治療の選択肢が増えたことを知ってほしい』・・・・・と、話しています。

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー「ヘテムル」まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML』

 

 

 

大動脈弁狭窄症とは

 

同症は、一般的に、何らかの原因により大動脈弁口が狭くなり、左室から大動脈へ血液を送り出すことが障害とされる状態となります。

 

スポンサーリンク

 

 

高齢者の場合、心臓の大動脈弁は加齢で固くなることで開きにくくなり、十分な量の血液が全身に送り出せなくなる事で、心臓内に強い負荷がかかり、突然死に至る可能性もあるそうです。

 

高齢化社会に伴って、大動脈弁狭窄症を有する患者は増加しているということで、今後も増え続けると予想されています。

 

 

オンラインストアの開設は、お試し無料のカラーミーショップで! カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

手術への経緯

 

女性は昨年12月に同病院に転院したということですが、人工心肺装置を使って負担の大きい開胸手術が難しい一方で、99歳ながら普段から畑仕事をするなど活動的であったため、医療チームで検討した結果、身体への負担が少ないTAVIを選択したということです。

 

治療は12月26日に実施、右足の付け根から、牛の心臓から作った生体弁を先端部に付けたバルーン(風船)カテーテルに挿入して心臓まで到達させ、バルーンを大動脈弁の内側広げて生体弁を留め置いたというものです。

 

大動脈が極度に蛇行し、カテーテルを通す過程で血管が破れる心配も有ったとのですが、約2時間40分ほどで治療が終ったそうです。

 

女性は翌日から食事が出来、2日後からリハビリを開始し、2月13日に自宅に戻ることが出来ました。

 

カテーテルを挿入した循環器内科の山本講師は、高齢だったが患者本人も家族も治療に前向きだった背景を説明し、『どんな患者さんにもTAVIが最善ではないが、高齢というだけで治療を諦める必要はない』・・・・・と、話しています。

 

 

高齢だからという諦めがちな風潮の中で、高齢者にも希望を見いだせる治療法の一つになるかも知れません。

 

 
脚痩せ・むくみ・保湿・冷え性に!7種の天然オイルをたっぷり配合したマッサージバーム★するるのうるおいる