スポンサーリンク

リレンザ吸入の中学生が転落死、異常行動が原因か

 

 

インフルエンザ治療薬『リレンザ』を吸入した中学生が転落死したことを受けて、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が16日、医薬品服用の有無に限らずインフル発症から2日間は小児や未成年者を一人にしないよう注意を呼びかけている、ということです。

 

 

 

 

インフル治療薬を巡ってはタミフル服用後の異常行動が報告されていることなどから、厚生労働省が調査をしていました。

 

調査では、薬を服用しなくても異常行動が起きることや、解熱剤などでも異常行動が起きることが報告されているそうです。

 

そのため厚労省は、インフルのための自宅療養する小児や未成年者を一人にしないよう昨年11月に注意喚起していおり、PMDAはこの通知を徹底するよう改めて呼びかけているのです。

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

今回の事件とは?

 

東京・品川区でインフルエンザの治療薬『リレンザ』を服用した中学生2年の男子生徒が、自宅マンションから転落して死亡したという事件がありました。

 

14日午後1時前、品川区大井のマンションで帰宅した女性から、『息子がいなくなった』と110番通報が入ったそうです。

警察官が周辺を探したところ、4回の自宅の真下に有る稚樹のフェンスに福の一部が引っかかった状態の中学2年の14歳の男子生徒を発見したということですが、男子世知は搬送先の病院で死亡したということです。

 

警視庁の話によりますと、男子生徒は病院で、インフルエンザとの診断を受け治療薬の『リレンザ』を服用し、自宅で休んでいたということです。

 

 
泡立て不要!デリケートゾーンの泡パックに【ドルチェローズ ジャウム 泡ウォッシュ】


 

 

インフルエンザの治療方法?

 

インフルエンザウイルスの増殖を阻害する抗インフルエンザ薬(経口薬と吸入薬、点滴、小児用のドライシロップ)などで治療が行われます。

 

一般の薬局や薬店では買えませんので医師の処方が必要なのです。

 

現在有る抗インフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬であるのです。

 

一旦身体の中に入ったインフルエンザウイルスは猛烈な勢いで増え続けて、症状が出てから2~3日後(48~72時間後)に最も数が多くなるそうです。

 

ですから、ウイルスの量が最大になる前、つまり症状が出てから48時間以内に抗インフルエンザ薬を使って増殖を抑えれば、病気の気管を短くし症状の悪化を防ぐことが出来る可能性がある、というわけなのです。

 

 

 
【カラーミーショップ】なら、月額900円~で申し込んだその日にショップオーナーに!しかも「.com」「.net」の独自ドメインが無料!

 

 

ウイルスの数が少ないほど効果が大きくなるわけですから早めの治療ほど効果が期待できるということになるのです。

 

インフルエンザにかかると、医薬品を服用していなくても急に走り出すなどの異常行動が現れることが報告されているそうです。

 

インフルエンザにかかり、自宅で療養する場合には、医薬品の服用の有無にかかわらず少なくとも2日間、小児・未成年者が一人に成らないよう保護者の配慮が必要と言われているのです。

 

 
脚痩せ・むくみ・保湿・冷え性に!7種の天然オイルをたっぷり配合したマッサージバーム★するるのうるおいる