スポンサーリンク

注目されている心の知能指数(EQ)とは

 

自信がある人と自意識過剰な人、社会的に知的な人と心の知能指数(EQ)が高い人は、それぞれ大きく違うというのです。

 

専門的分野の能力が高い人や職人的な才能がある人がEQが高いとは限らない事であり、この事は忘れがちになっているそうです。

 

実際、能力や成功事例、リーダーの習慣などについて語ると気にEQが注目されることは殆どないのです。

 

EQは単なる自己認識ではないという誤解があまりに多いとのことですが、本来、EQとは自分だけではなく、同時に他人のことも認識できる能力であり、両者の感情を別々に理解できる能力を指すのです。

 

実際にEQの高い人に見られる5つの特徴が有るということです。

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

1) まず理解しようとし、それから理解してもらう

 

これはEQの高い人の基本原則だそうです。

 

人間同士の揉め事の多くは、片方、もしくは双方が判断を焦ったり、相手の感情を批判したり、まさに人との交流すると気に起こります。

 

まずは相手のことを理解することから始めることが大切なのです。

 

2) 自分の精神状態を認識し、改善する行動が取れる

 

EQが高くないことに悩んでいる人は、常に自分の感情がどのような状況なのかがわからないので、他の人のことを置いてきぼりにしてしまうそうです。

 

EQの能力で一番大切な事の一つは、自分の精神状態を知り、自分の感情に責任が持てるということなのです。

 

 

 
泡立て不要!デリケートゾーンの泡パックに【ドルチェローズ ジャウム 泡ウォッシュ】


 

スポンサーリンク

 

3) 『自分の感情』と『他人の感情』を区別できる

 

 『自分が感じたように他の人も感じている』と思うのが投影なのですが、EQが足りない人は、自分の感じ方と他人の感じ方を区別することが出来ずに、『相手も自分と同じように感じているはずだ』と思いこんでしまうそうです。

 

自分と、他人の感情を区別するということが大事なのです。

 

4) 自分の習慣が、特定の感情的な反応を引き起こしていると理解している

 

ポジティブ(前向き)な習慣をどうやって身につけるかというのは、人が直面する大きな課題の一つだそうです。

 

それは、自分が選んだ行動によってどのように感じるかが変わる、ということを理解してるということです。

 

例えば、「X』をするたびに毎回イライラする人がいたとして、それでも何度も「X』をするのを繰り返してしまうとします。

 

その人は、自分の感情的な反応(イライラすること)が習慣によって生まれていることが分かっていない、ということなのです。

 

5) 感情的な反応をせずに、人に反対することが出来る

 

人の意見に反対するのと、感情的に反論して最終的に炎上するのでは大違いであり、前者は建設的で、後者は混乱を生み出すのです。

 

合意して議論を終えるのに、前向きな会話をする必要はないのです。

 

相手の意見に反対でも、互いに尊重し合うことは出来るそうで、感情的に話すと、衝突する傾向にあるのです。

 

 
【カラーミーショップ】なら、月額900円~で申し込んだその日にショップオーナーに!しかも「.com」「.net」の独自ドメインが無料!

 

 

 

よく言われる第三者的目で話し合うこと、相手のことを理解し、相手に理解してもらう事ができる能力は、日本の学校では教えてくれません。

 

海外の学校教育では、この心の知能指数を高める訓練を幼いころから教育の一環として行っているそうです。

 

コミュニケーション力を高めるという教育は、曖昧な性格の日本人にとっては難しいのかもしれません。

 

 
脚痩せ・むくみ・保湿・冷え性に!7種の天然オイルをたっぷり配合したマッサージバーム★するるのうるおいる

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>