スポンサーリンク

うつ病早期発見のポイントとは?

 

人は加齢に伴って目覚めが早くなりますが、働き盛りや若い世代の人が午前3時・4時といった時間に目覚め、その後なかなか眠れないとしたら、それは心が疲れている証拠だそうです。

 

うつ病のポイントとして挙げられているのが、

1) 今まで興味のあったものに全く興味を持たなくなった。

 

2) 気持ちの落ち込みが2週間たっても回復しない

 

の2つで、これ等があったらうつ病の可能性が高いと考えられています。

 

しかし、これ等の症状はいつから始まったかはハッキリしないそうで、早期発見の手助けにはなりにくいと言われています。

 

そこで注目されているのが、『早期覚醒』で、早期覚醒は起きようと思っている時間よりずっと早く目覚めることで、『睡眠障害』の一つなのです。

 

睡眠障害には、なかなか寝付けない『入眠障害』と、夜中に何度も目が覚める『中途覚醒』もあるそうですが、うつ病に伴う睡眠障害には早期覚醒が多いので、うつ病を早期発見するサインになるというのです。

 

 
レンタルサーバー 【ヘテムル】 なら、独自ドメイン【無制限】、データベース【100個まで】を追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の 256GB、1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。


 

<PR DMM見放題chライト>

 

心の疲れで目が覚める?

 

前述したように、働き盛りの脇世代の人が早い時間に目が覚め、その後なかなか根付かれないとしたら心が疲れているせいで、早期覚醒の状態がほぼ毎日、2週間以上続いているならうつ病の可能性が有るそうです。

 

自分自身や、パートナーに早期覚醒が続いているようなら、できるだけ早く精神科か心療内科の受診を、せっかくサインに気づいたわけですから、じゃ焼く治療を始めたほうが良いというのです。

 

そうすることで、重症化を防げますし、早い回復が期待できるということです。

 

ただし、心の問題を扱う診療科は、特に他の科以上に、医師と患者の相性が治療に影響を及ぼしやすいとのことで、この先生と合わないと思ったら医師を変えたほうが良いそうです。

 

 
脚痩せ・むくみ・保湿・冷え性に!7種の天然オイルをたっぷり配合したマッサージバーム★するるのうるおいる

 

 

自己診断は禁物

 

うつ病のサインに気づいた時、最もしてはいけないことは、自分が主治医になって自己診断をしてしまうことだそうです。

 

今はインターネットで様々な情報が得られるということで、情報をもとに自分はうつ病だと決めつけてしまうことだとか、実際に『私はうつ病だからこの薬を出してください』、と言ってくる患者さんもいるそうです。

 

しかし、病院は薬を出すところではなく、どういう治療が良いのか相談するところであり、その相談に対して患者さんと遺書になって考えるのがお医者さんなのです。

 

うつ病かもしれないと思うと病院に行きたくない気持ちになる方もいるとのことですが、相談機関であると思って早めに受診してみてはいかがでしょうか。

 

 
高濃度1.2ppm以上の水素水+水素ガス吸入、水素ガス吸入機能も搭載!高濃度水素水生成器【ルルドハイドロフィクス】

 

スポンサーリンク