スポンサーリンク

冬はアレルギー性鼻炎や、アトピー性皮膚炎を悪化させやすい

 

 

 

寒い冬の季節、TVや学校・職場などでインフルエンザ対策を呼びかけています。

 

 

其の中で、冬の『くしゃみ』、『鼻水』と言ったらほとんどの方が風邪を連想するのではないでしょうか、実はそこにはモフ一つの大きな可能性がひそんでいると云うのですが・・・・・・?。

 

それはアレルギーだとか、気温が下がり、空気が乾燥する冬にはアレルギー症状を悪化させる危険がいっぱい有るというのです。

 

 

 

 

 

誰もが体長を崩しやすい冬のこの時期、『くしゃみが出る』、『鼻水が止まらない・・・・』などの風邪に似た症状が今まさに出ている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?。

 

症状が似ているからと言って、それを風邪と決めつけてしまうのは早すぎるかもしれないのです。

 

其のような症状は、実はアレルギーが原因となっている可能性があるというのです。

 

冬は、ハウスダスト等によってアレルギー性鼻炎が悪化しやすい季節であり、また空気の乾燥によるアトピー性皮膚炎が悪化しやすい季節なのです。

 

 
乾燥や敏感肌、アトピーにお困りの方に最適!ジェル【スイゼンジノリ】 4つのセラミドでお肌のバリア機能を強化!咲水スキンケアジェル

 

 

ハウスダストによる通年性のアレルギー性鼻炎の原因は

 

寒い冬の時期、あまり換気をしなかったり、部屋を締め切った状態で暖房器具を使い続けたりしていると、部屋の中にハウスダストが溜まった状態になってっしまうのです。

 

そして部屋を締め切った状態でエアコンやヒーターを使うことによってハウスダストが部屋中に舞い上がることに、これはアレルギー性鼻炎の方にとっては良くない環境を作っているといえるのです。

 

肌のバリア機能が低下

 

冬になり空気が乾燥していると、皮膚も乾燥して其のバリア機能が低下してしまいます。

 

其の結果として、皮膚から水分が蒸発しやすくなり、一方で、外からの刺激に敏感になってしまうのだとか、元々敏感なアトピー性皮膚炎の方の皮膚には、空気が乾燥した冬はありがたくない季節なのです。

 

痒みが出るとどうしてもそこを掻いてしまい、それが更にアトピー性皮膚炎を悪化させるという悪循環を招いてしまうのです。

 

 

 
脚痩せ・むくみ・保湿・冷え性に!マッサージオイルバーム【するるのうるおいる】 7種の天然オイルをたっぷり配合したマッサージバーム★するるのうるおいる

 

 

毎年2~4月はスギ花粉の飛散が

 

毎年2~4月頃に飛散のピークを迎えるスギ花粉ですが、沢山の人達にアレルギー症状、すなわちスギ花粉症をもたらします。

 

 

2017年シーズンは、西日本を中心に昨年以上のスギ花粉が飛散するのでは、と予想されています。

 

 

冬のアレルギー、自分でできることは

 

それでは、冬に注意したいアレルギーにはどのように対処したら良いのでしょう?

 

アレルギー対策の基本は、アレルギーの元である『アレルゲン』を遠ざけることで、アレルギー性鼻炎の場合は、エアコンやヒーターなどの暖房器具の使用を開始する前に、空気の吹き出し口だけでも掃除しましょう。

 

室内を密閉空間にしないように時々換気をし、部屋の中をこまめに掃除することなどが挙げられます。

 

アトピー性皮膚炎には、肌の汚れと感想がタイ的なので、肌を清潔に保ち、しっかり保湿、部屋を加湿器などで加湿することを忘れずにしましょう。

 

アレルギーは『免疫バランス』の崩れと関係していますので、しっかりと睡眠を取り、規則正しい生活を心がけることで、免疫バランスを整えること、簡単なことなので、しっかり生活環境を見直してみてはいかがでしょう。

 

 
水素ガス吸入機能も搭載!高濃度水素水生成器【ルルドハイドロフィクス】