スポンサーリンク

子供たちの裸眼視力、1.0未満が増加傾向に

 

 

 

周りの子供達にメガネを掛けている子供たちが増えているというのですが、裸眼視力1.0未満の子供の割合が、小中高生で過去最悪になっていることが文部科学省の調査で解ったのです。

 

調査は、全国の5歳から17歳のこdも凡そ350万人を対象に行われたということですが、授業などでタブレットが使われたり、パソコン授業が増えている中心配する声が上がり始めています。

 

 

 

 

 

 

裸眼視力については低下傾向が続いていて、視力1.0未満の子供は、小学校で31.46%、中学校で54.63%、高校で65.98%となり、それぞれ、1979年の調査開始以降、過去最悪状態となってしまったというのです。

 

文科省は、『スマートフォンやパソコンなどの普及で近くで画面を見る機会が増えたことが1つの要因ではないか』、としています。

 

 

 
格安沖縄ツアー予約!旅行総合サイト【たびらいツアー予約】

 

 

実は、幼稚園・小学生は1979年以降、中学生・高校生は1980年代後半から悪化傾向に有ったということですから、スマホやタブレットが普及し始めた此処数年の話ではない、という方もいます。

 

任天堂からファミリーコンピューターが発売されたのが1983年、その後、各家庭には1台あると言われたゲーム機ですが、今では多くのメーカから発売され世界中で楽しめられています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

更に持ち運べるタイプも生まれ、パソコンの普及とともに台数も一人1台という時代に突入、パソコンも2002年にオールインワンと言われるタブレットPCが発売され、その後も開発され、更に携帯電話がタブレット化されスマートフォン(スマホ)に変わり普及が進んだのです。

 

然し、これ等に合わせて、子供から大人まで、PCやスマホの普及に合わせて視力が低下しているという事実が有るのです。

 

 
膝の痛みで悩んでいる方にお勧め、潤滑成分と軟骨成分をバランス良く配合ヒアルロン酸&グルコサミン[コンドロイチン配合]

 

 

近年、危険性が叫ばれている『スマホ老眼』は、大人はもちろん子供も起こる目の不調です。

 

スマートフォンの見過ぎやゲームのやり過ぎによって、近くのものが見えづらくなる『夕方老眼』や、週末になるに連れて見えづらさがひどくなっていく『週末老眼』も同じメカニズムだというのです。

 

スマホ老眼は、若いのに近くのものを見るのが困難になっている状態の事で、つまり、スマートフォンなどの小さな画面が近くでは見えいにくくなり、つい画面を遠ざけてしまうような状況でというのです。

 

この原因は、水晶体の老化ではなく、水晶体を支えている毛様体という筋肉の異常によると考えられているそうです。

 

つまり、毛様体筋という目の菌いくの疲れによて、水晶体の暑さをコントロールが出来ない状況に落ちいているため、まさに老眼となじような症状を起こしている、と云うのです。

 

毛様体筋の疲れが子供に起きれば、その子の近視化は進むということで、更には遠くも近くも見えにくくなるそうです。

 

メガネ等で矯正しても視力が出ない『弱視』になってしまう場合も、眼科専門医の話によりますと、最近の小児の目の異常は、実はこのパターンの弱視が多いと考えられているそうです。

 
製薬会社の咲水スキンケアジェル!乾燥や敏感肌、アトピーにお困りの方に最適!ジェル【スイゼンジノリ】