スポンサーリンク

記憶力や免疫力をも上げると、しかし『安易な瞑想は危険』との指摘も

 

 

最近、耳にすることが多くなったマインドフルネス、上座仏教に由来する伝統的な瞑想法ですが、最近の脳科学で『ストレス軽減』、『集中力アップ』、『自律神経回復』などの効果が実証され、NHKスペシャルで特集が組まれたり、グーグル社の幹部研修に導入されたり、全世界で注目を集めているのです。

 

 

 

『マインドフルな状態』でいると、人生のあらゆる面を豊かにできることを裏付ける証拠が有るというのです。

 

この状態に到達するのには、あぐらのような「蓮花のポーズ』で何時間も過ごす必要もないという事で、誰でもが行うことが出来るというのです。

 

マインドフルネスという言葉にはたくさんの類義語があり、自覚、気づき、集中、覚醒などといいかえることも出来るそうです。

 

対語としては、注意散漫、ぼんやり、集中力欠如などが有るということです。

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』

 

スポンサーリンク

 

マインドフルネスという言葉は、行為を指して使われることもあれば、精神状態を指す場合も有るそうです。

 

例えば集中力を研ぎ澄ます脳のトレーニングとして、マインドフルネス瞑想法があります。

 

大抵の場合、いつもより呼吸を意識する方法が取られ、こうして鍛えた脳は、瞑想後も長い間マインドフルな状態でいられるようになり、マインドフルネスの状態にある時は自分の周りで起こっていることに、意識を完全に主柱できているというのです。

 

日本でもビジネス層を中心にマインドフルネス瞑想法を実践する人が増えているということですが、其の影で問題化しているのが瞑想難民だというのです。

 

 
恋もお金も幸せひとり占め!開運を呼ぶ護符・霊符販売 「かなえや」

 

 

瞑想難民』とは、抑うつ症状などを解消しようと瞑想を始めたにも関わらず、却って症状を悪化させてしまう人々を指すというのです。

 

マインドフルネス瞑想は『気づきの瞑想』とも呼ばれ、瞑想によって手中力を研ぎ澄まし、あらゆる物事をあるがままに観察し、それによって苦しみの根源を解体することを目指す、というものです。

 

ところが、瞑想の基本となる『微細な感覚を丁寧に観察することで思考を手放す』ことが初心者に難しいというのです。

 

瞑想指導者から『丁寧に観察しろ』とか、『何も考えるな』と言われることで返って混乱し、うまく出来ないことで自分を責めてしまう、という結果になっているのだそうです。

 

瞑想が進むに連れて、意識が変容して、美食やお酒を嗜んだり、音楽や映画を鑑賞したり、恋愛やセックスを楽しんだりする意欲が減退して、『こんなはずじゃなかった』と思い悩む人もいるとか。

 

瞑想難民に成らないためには、『自分が瞑想に求めるもの』と、『瞑想が自分に与えるもの』をはっきりと把握しておく必要があるそうです。

 

瞑想がどのような目的と効果を持つ技法であるのか、ということを確認しておくことは大切なことなのです。

 

 

 

 
【カラーミーショップ】なら、月額900円~で申し込んだその日にショップオーナーに!しかも「.com」「.net」の独自ドメインが無料!