スポンサーリンク

甘いものでストレス解消、実は余計にストレスを抱えることに

 

 

 

誰でもが悩みやストレスを抱えるもので、今の世の中はストレス社会とさえ言われているのです。

 

悩みやストレスがある人の割合は30代/54.2%、40代/55.1%、50代/53.8%と中でも40代が最もストレスを感じている世代であるという事が分かりました。

 

ストレスを感じると、食行動に影響が現れる方も少なくありません。

 

中でもストレスが溜まって、甘いものを食べたい、お酒を飲みたい、どか食いしたい等などでストレスを解消した経験のある方もいるのではないでしょうか。

 

然し、実はそうした行動は余計にストレスを助長性てしまうのと云うのです。

大手ハウスメーカーの新築一戸建てを検索!家選びネット

ストレスを鎮めるにはタンパク質が良い

 

ストレスを感じると、脳の神経伝達物質が働くということですが、大まかに分けると2つの神経伝達物質に分けられ、通常はこの2つのバランスが保たれて、私たちはストレスなく穏やかに過ごしているというのです。

 

 

<興奮性伝達物質>

 

アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどストレスを感じると活発に働き、やる気を起こさせたり、集中力を高め、ストレスに対抗する伝達物質です。

 

<抑制伝達物質>

 

セロトニン、アセチルコリン、メラトニンなどストレスを鎮める際に働き、脳をリラックスさせ、興奮を抑える物質です。

 

これ等の伝達物質は、タンパク質を原料として作れているとのことで、またビタミンやミネラルなどによって合成されているので、ストレスに対処するには毎日食べるのがとても大切だそうです。

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』

ストレスが溜まるとなぜ甘いものに走るのか

 

ストレスが溜まり甘いものに走る方は注意が必要だというのですが・・・・・・????

 

チョコレート、クッキー、ケーキなどの甘いおやつや炭酸飲料水などの甘い飲み物などの『糖質』を多く含むものは、食べると糖質が脳のエネルギーになります。

 

然し、砂糖を多く含む食材は血糖値を急激に上げ、その後急激に血糖値を下げるという特徴もあるのです。

 

この血糖値の乱高下と甘いものを食べすぎると、血糖値を下げるインスリンが多く出てしまうことで脳が糖分不足に落ちるため、疲労やイライラ、精神不安などにつながるというのです。

 

そうすると、また其のストレスを解消するために甘いものを口にする・・・・・という負のスパイラルに巻き込まれ、更にイライラや不安などにつながリストレスを助長してしまうということになってしまうそうです。

 

どうしても甘いものがほしい時は、ただ甘いものだけではなく、食物繊維も一緒に摂れる果物がおすすめだとか、食物繊維は、血糖値の急激な上昇を抑えるのに役立つという事です。

 

健康志向でドライフルーツが流行していますが、ドライフルーツは生の果物に比べて水分を飛ばしているため、同じグラム数で考えると糖分も多く含まれている事と、重量が軽いのでお腹を満たせずに大量に食べてしまう傾向にあるということで注意が必要だとか。

 

果物にも言えることですが、やはり食べ過ぎれば糖質のつながりますので、生の果物であれば1日100グラムを目安にすると良いそうです。

 

それでは、ストレスを和らげるためには甘いものではなく何を口にすればよいのでしょう?

美顔器!>>エステナードソニックROSE<<【980円】リニューアル☆美顔器【エステナードROSE】

スポンサーリンク

<ビタミンC>

 

ストレスを感じるとビタミンCを多く消費すると云うことで、野菜、果物イモ類などですが、加熱調理や水や空気にも弱い性質が有るので、おすすめなのはキウイフルーツやオレンジ、グレープフルーツ、いちごなどです。

 

また、ストレスを感じるとタバコを吸う回数が増えてしまう方も、実はタバコ1本を吸うとビタミンCがなんと25㎎消耗されてしまうそうです。

 

1日のビタミンC摂取推奨量は100㎎何度絵4分の1の量がタバコ1本数ごとに消耗されてしまう結果に、ストレス解消のために吸っているタバコが余計にストレスを助長しているのです。

 

<タンパク質>

 

タンパク質を原料として伝達物質が作られるため、毎食欠かさずタンパク質を多く含み肉、魚、卵、納豆などの大豆製品を食べることが大切だというのです。

 

 

朝食は納豆と卵、昼食は魚、夕食は肉というように1日を通して同じ食材が重ならないように食材やメニューを選ぶことも大切です。

 

<ビタミンB6,B12>

 

ビタミンB6,B12は脳の神経細胞に多く含まれており、脳内ホルモンが作られる際にも必要な栄養素です。

 

これ等が不足すると、イライラや集中力の低下など脳の働きに影響が出るのです。

 

ビタミンB6は、マグロ、カツオ、酒、さんまレバーなどに多く含まれています。

 

ビタミンB12はあさり、かき、ハマグリ、さんま、レバーに多く含まれています。

 

 

魚介やレバーに多く含まれているので、これ等が苦手な方はビタミンB6,B12不足に要注意ということに、外食も活用して、レバニラ炒めや焼き魚などを意識して取るようにしましょう。

ガーゼタッチ加圧式超ゲルサポーター★ひざ関節の筋肉を強化しながら痛みを改善する「加圧式ひざ用ゲルサポーター」

<カルシウム、マグネシウム>

 

カルシウムとマグネシウムは神経の興奮を鎮め、精神を安定させるのに役立つ栄養素です。

 

カルシウムは、チーズやヨーグルト、ちりめんじゃこ、木綿豆腐、納豆、小松菜などに多く含まれています。

 

マグネシウムはアーモンド、ピーナッツ、大豆、豆乳、かき、ほうれん草などに多く含まれています。

 

豆腐や納豆などの大豆製品を意識することでこの2つの栄養素が取りやすくなるので、朝食に豆腐の味噌汁や納豆を取る主観をつけると良いでしょう。

 

ストレスが多くなると、暴飲暴食や偏食、ながら食いなど食生活が乱れがちになると言われており、このような食習慣がストレスを助長していることを忘れてはいけません。

 

1日3職バランスよく食べることが心身の健康に役立つ事を、また楽しく食べることがストレス解消にもつながりますので、たまには外食を活用して好きな方と一緒にご飯を楽しみ、ストレス軽減につなげてみてはいかがでしょうか。

恋もお金も幸せひとり占め!
開運を呼ぶ護符・霊符販売 「かなえや」

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>