スポンサーリンク

人食いバクテリアと呼ばれる劇症型溶血性連鎖球菌、感染患者数が増加

 

 

 

進行して急性腎不全や多臓器不全などを起こし、その高い致死率から「人食いバクテリア」と呼ばれる「劇症型溶血性連鎖球菌感染症」の今年の患者報告数が1999年の調査開始以降で最多となっているというのです。

 

国立感染症研究所が纏めた患者報告で分かりました。

 

患者が増加傾向の自治体では、重症化を防ぐため、早めに医療機関で治療を受けるよう促しています。

 

劇症型溶血性連鎖球菌感染症は、発熱や疼痛を伴って突発的に発症し、急速に症状が進むというものです。

発病後は数十時間以内に筋肉周辺の組織の壊死急性腎不全成人型呼吸窮迫症候群(ARDS)などを引き起こすと言われており、致命率は30%以上とされています。

 

主に抗菌剤による治療が行われるとのことですが、感染が広がらないように壊死した部位を切除するケースも有るそうです。

 

感染症に基づく全数報告対象の疾患(5類感染症)で、診断した医師の届け出が義務付けられています。

 

 
無駄な保険ではイザという時、あなたの家族を守ってくれません。節約と安心の保険のために保険マンモスの無料保険相談

 

 

 

国立感染症研究所によりますと、『劇症型溶血性連鎖球菌感染症』の今年の患者報告数(13日時点)は442人上っています。

 

既に、これまでで最も多かった昨年の報告数(431人)を上回り、過去10年間の平均値の2倍以上となっているのです。

 

都道府県別では、東京都が60人で最も多く、以下は神奈川(48人)、兵庫(26人)、福岡(25人)、大阪(24人)、愛知(22人)、千葉(20人)、埼玉(19人)、北海道(14人)、静岡(12人)、新潟(11人)などの順でした。

 

重症化のリスクを下げるには早期の治療が有効とされているとのことで、患者の多い自治体では、注意喚起に追われています。

 

昨年に比べて2倍超の報告があった札幌市はホームページで、幅広い年齢層で発症することや、発症の機序に不明な点が多いことを説明、医師に対して、診断から7日以内に最寄りの保健所に届け出ることを求めています。

 

 

 

 
年間販売台数30万台以上!【中古パソコンと白ロム、スマホ、携帯電話販売のイオ シス】

 

スポンサーリンク

 

 

一般に罹る溶連菌は、溶血性連鎖球菌の略で、実は意外とありふれた細菌で体内で共存していくことが可能な場合が有るのです。

 

喉に溶連菌が存在してる小学生は1割ほどいるという報告が有るくらいで、子供がよく罹る溶連菌感染症が有りますが、、症状や危険性は全く異なるのです。

 

劇症型溶連菌感染症を発症しますと、足や腕に痛みが起こり、初期症状は風邪に似ていますが、筋肉や皮膚などの細胞が壊死されて行くのがこの病気の特徴なのです。

 

スピードは1時間に約2~3センチほどで、信じられないくらいの速さで細胞を破壊し、組織を殺していくそうです。

 

早い場合には、発症して24時間で死に至ることも有るということです。

 

年齢には関係なく、健康な人でも突然発症捨つというこ都で、通常の溶連菌感染症であれば、抗生物質を用いた治療法が確立しており、重大な合併症を防ぐための対策も出来ているそうです。

 

同じ溶連菌が傷口や喉から血中に入り込み、劇症化したときが問題となっているのです。

 

ありふれた溶連菌がどのようにして劇症型になるかについては、今のところ明らかになっていません。

 

 
『オシャレな開運財布はありませんか?』という、女性の声で作りました★有名カラーセラピスト★と共同で作ったおしゃれな開運の財布販売

<PR DMM見放題chライト>