スポンサーリンク

薬剤耐性が有る新型カンジタ真菌、発症すると死亡する場合も

 

 

 

薬剤耐性が有る真菌が引き起こし、発症すると死亡することもある新型カンジダ症の患者が米国で初めて報告されたということです。

 

米疾病対策センター(CDC)が11月4日に明らかにしたのです。

 

この病気の原因が『Candida Auris』と呼ばれる真菌で、米国では報告された患者は13人で、内4人はすでに死亡しているということですが、正確な死因は分かっていないということです。

 

CDCの『週間疾病率死亡報告』で2013年5月から2016年8月までの期間に発症した患者7人について報告されたと云うのです。

 

残りの6人は、同報告対象期間後に感染が確認されたということで、現在調査が進められているそうです。

 

病院や医療現場で広がっているこの真菌は、外耳道や尿、血液などから見つかっており、CDCは今年6月、この真菌が世界的な脅威になりつつあると警鐘を鳴らしているというのです。

 

この真菌は2009年に日本で、患者の外耳道の分泌液から世界で初めて分離されたのです。

 

その後、英国、コロンビア、インド、イスラエル、ケニア、クェート、パキスタン南アフリカ、勧告、ベネズエラでも報告されていたということです。

 
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

 

何が新型なのか?

 

情報が少なく、まだ研究が始まったばかりはっきりとしたことは言えないそうですが、薬剤に対して耐性があるという点が新しいということなのかもしれません。

 

院内感染で多くの死亡報告を出しているメチシリン耐性黄色ブドウ球菌MRSA)は、多くの抗生物質に対して耐性を示す多剤性菌ですが、この新型カンジダもそのパターンなのではないでしょうか。

 

高い致死率も、薬が効かないことが一因ではと考えられています。

 
書道指導資格 東京校・大阪校⇒最短1年半で師範段位!随時入学OK。3か月29,900円から。体験入学無料。

 

 

性器カンジダ症とは

 

カンジダ菌は皮膚や消化管などに存在する常在菌であることから、性器カンジダ症は発症しやすい疾患なのです。

 

性器カンジダ症は、性器内で『カンジダ菌』が異常に増殖することで起きる病気なのです。

 

男性よりも女性の発症が圧倒的に多く、ある調査によりますと膣内にカンジダ菌を持っている女性は妊娠していない人で約15%、妊婦で約30%という結果も有るそうです。

 

生涯において約75%の女性は一度経験し、45%の女性が2回以上発症しているとのデータも有るというのです。

 

ただし、例外を除いて、単にカンジダ菌が膣内にあるだけでは性器カンジダ症とは診断されず、治療も必要ないとのことで、免疫力が下がるなど、何かしらのキッカケで発症した場合のみ治療が必要になるとのことです。

 

性器カンジダ症は免疫力が低下しているときに発症しやすいため、免疫力が上がると自然に治ることもあり、日和見感染(健康な人には感染症を起こさない微生物が原因菌となる感染症)の一つでも有るということで、軽度であれば自然治癒することが殆どだそうです。

 

ただし、オリモノの異常強い痛みかゆみ排尿障害が有る場合は重症の可能性も有るとの事で、病院での検査が必要だということです。

 

炎症や他の病気の可能性がない場合は、生活を見直し、環境の改善を試みましょう。

 

 

 
肩こり腰痛でお悩みの方へ★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎプレミアム】