スポンサーリンク

冬場は屋内でも低体温症に、寒暖への感覚が鈍るのです

 

 

 

これから寒さが増してくる日々が、暖房器具を使う機会が増えることになりますよね。

 

 

%e4%bd%8e%e6%b8%a9%e3%82%84%e3%81%91%e3%81%a9%e3%80%81%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%81%ae%e7%86%b1%e3%81%a7%e3%82%82%e7%9a%ae%e8%86%9a%e6%b7%b1%e9%83%a8%e3%81%be%e3%81%a7%e3%83%80%e3%83%a1

 

 

 

しかし、湯たんぽや、カイロなどによる『低温やけど』には充分に注意しなければならないのです。

 

低温やけどは、40~50度程度の低い温度の熱が長時間に渡って、皮膚に加わることで起きると言われています。

 

就寝中などに湯たんぽや電気アンカ等が長時間、体の同じ部位に触れている場合などが危ないのです。

 

44度で3~4時間、46度で30~1時間程度で火傷をすると言われているのです。

 

 
洗顔だけで2トーン上の明るい肌に!健康コーポレーションのコスメシリーズ【どろ豆乳石鹸】

 

 

思ったよりダメージは大きい

 

『住吉皮膚科(東京都)』院長で順天堂大非常勤講師の住吉孝二さんによりますと、感覚神経が『痛い』、『熱い』と感じなくても、一定以上の熱で皮膚組織は破壊されるということで、このため、心地よいと感じる温度でも注意が必要なのです。

 

低温やけどが起きる仕組みについて住吉さんは、『密着した器具が皮膚を圧迫し欠流が悪くなっていることも影響している』と指摘しています。

 

通常、皮膚に伝わった熱は、血液を介して全身に拡散されますが、血管が圧迫されることで欠流が悪くなり熱が篭り(こもり)やすくなるのだとか、皮膚の奥の真皮までダメージを受け、見た目よりも重症化しやすいのだそうです。

 

一般的なヤケドでは、すぐに患部を冷やすことで悪化を食い止められますが、低温やけどは『気付いた時点で皮膚の深部までダメージを受けているため、効果は余り期待できない』とのことで、其のため直ちに医師の治療を受けることが大切だと住吉さんは注意を促しています。

 
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML』企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』
 

 

湯たんぽや電気アンカは布団を温めたら出す

 

低温やけどを予防するためには、湯たんぽなどの長時間使用を避けるのが一番で、独立行政法人製品評価技術基盤機構製品安全センター参事官の池谷玲夫さんは『湯たんぽなどは、直接体を温めるのではなく、布団を暖めるようにし、就寝時点には布団から出してしまう。電気アンカは電源を切るなどしてください』と助言しています。

 

%e4%bd%8e%e6%b8%a9%e3%82%84%e3%81%91%e3%81%a9

 

 

 

暖房機器の有る便座に長時間座っていることで、低温やけどに至るケースも2015年に4件確認されているそうです。

 

いずれも80歳上の高齢者で、『用を足している最中に眠ってしまうなどして便座に長時間座ってしまうこともあり得る。温度を低く設定するか、使用中はスイッチをオフにするよう周囲の人も気をつけて』と指摘しています。

 

意外なところでは、スマートフォンも低温やけどの原因になるそうです。

 

国民生活センターによりますと、『充電しながら寝たらスマホが腕の下に有り、火傷をした』といった事例が報告されているそうです。

 

東京都生活安全課が、スマホを毛布で包んでアプリケーションを起動状態にする実験を行ったところ、50分~2時間程度で50度前後まで発熱したと云うのです。

 

同課の宮永浩美課長は、『就寝時にスマホを使う際には充分に注意して下さい』と呼び掛けています。

 

貼るカイロなどは水分によって発熱するため、肌に近い下着に貼ると、汗に科学反応して更に高温になってしまうのだとか、使い捨てカイロや貼るカイロなどは下着やシャツの外側に貼るようにすることで、低温やけどを防ぐことが出来るそうです。

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ 』で! ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!【カラーミーショップ 】
 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>