スポンサーリンク

非正規社員や60歳以上の再雇用、年下上司と働く機会が増える

 

 

 

年下の上司と働いた経験がある人の6割が、一緒に仕事を『しづらい』と感じていることが、就職情報サイトを運営する『エン・ジャパン』(東京)の調査で分ったというのです。

 

60歳以上の再雇用が一般化し、転職も増える中、年下上司と働く機械の多い職場はますます拡大するとみられています。

 

円滑な人間関係を気づくために必要な心構えとは一体どのようなものなのでしょう?

 

 

 
リッチな泡で洗う【ラボモスカルプヘアシャンプー】髪のプロが作ったスカルプシャンプー【LABOMO】

 

 

同社の転職サイトに登録する35歳から50代までの303人を対象にインターネットを通じて調査をしたところ、年下上司と働いたことが有るのは66%にも、この内58%が『仕事がしづらい』と回答をしたのです。

 

理由(複数回答)としては、『人の使いたが下手』(66%),『知識・知見が少ない』(45%),『人の意見を受け入れない』(43%)の順に多く、『経験が浅いのではと不安になった』、『年下に命令されると良い気分がしない』等との意見が目立ったというのです。

 

逆に『年下上司は仕事がしやすい』と答えた人は42%、『謙虚な姿勢』(48%)、『人の意見を柔軟に受け入れる』(41%)に好感を持った、等の意見もありました。

 

年下上司と仕事をする際に気をつけることは、『タメ口ではなく敬語を使う』、『呼び捨てにしない』、『年齢を意識しすぎない』などの声が多く聞かれ、『飲みに誘う』は9%にとどまっています。

 

 
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML』企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』
 

スポンサーリンク

 

 

日本産業カウンセラー協会九州支部(福岡市)の松本浩二事務局長は『好き嫌いは年齢よりも属人的な問題が大きい』と前置きした上で、『歴史上の武将も年上の家臣が参謀として支えた。若い上司の長所を認め、会社が求める役割を理解してほしい』と呼びかけています。

 

年下上司に対しては『立場は自分が上という姿勢は見せず、云うべきことは言うことが信頼関係に繋がる』と助言をしています。

 

年下上司も、年上部下を見れば同じような意見が出るのかも、『扱いづらい』、『素直に仕事に就かない』、『意見が多い』などの思いが有るのではないでしょうか。

 

互いに仕事と割り切り歩み寄ることが大事で、互いを信頼することにより助け合う姿勢が生まれ、仕事に向上性が見られるのではないでしょうか。

 

互いに見る目が年上のくせに、年下のくせにでは、ぶつかり合い信頼することも出来ず、向上性も上がらないのです。

 

互いに長所を見つけ引き出すことで、向上性が助長されるのではないでしょうか、否定からは何も生まれないのです。

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料のカラーミーショップで! カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決