スポンサーリンク

秋の花粉症、スギにもご用心!ヨモギやブタクサの開花が進む

 

 

 

今年の記録的な猛暑がスギて、日ごとに秋が深まる中花粉症への懸念が高まっているとか・・・・?、夏場に高温・乾燥の天候が続き、花粉症を誘引する植物の生育進んでいるというのです。

 

通常は春に猛威を振るうスギ花粉の一部が秋から舞い始める可能性が有る他、秋には花粉症を引き起こすヨモギブタクサなどの開花が進むのです。

 

butakusa

 

 

 

アレルギーの専門医は、『敏感な人は秋の花粉症に気をつけて!』と注意を呼びかけています。

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ』で! カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

全国の花粉観測を手がけるNPO法人『花粉情報協会』(千葉県)によりますと、7月下旬から8月中旬は、全国的に平年より気温が高く、日照時間も多かったため、杉の花芽の生育に好条件となったというのです。

 

このため、例年は年明けから飛散し始めるスギ花粉が、微量ながらも10月~11月から飛散する可能性が出ているとの事です。

 

来春のスギ花粉の飛散も『多くなる』、と予想しているのです。

 

同協会の理事で、国立病院機構福岡病院(福岡市南区)アレルギー科の岸川禮子医師は『たとえ僅かな飛散でも、花粉症がひどい人に症状が出る』・・・・・と、指摘しています。

 

 

 
かわいい【ハローキティカード】はこちら、初年度年会費無料!選べるデザイン【ハローキティカード】

 

スポンサーリンク

 

岸川医師らは、病院の屋上に専用器具を設置し、スギなどの花粉について『秋の飛散状況』を調査しており、過去5年間の花粉量の計測では、大雨が続いた2012年と気象庁が冷夏と発表した14.15は1日あたり最大で、0.5~1.5個(1平方センチメートルへの付着量)だったのに対し、猛暑とされた11.13年は2.5~3.5個採取したのです。

 

『過去の傾向を見ると、猛暑だった今年は注意が必要』・・・・・・と警告しています。

 

一方、8月中旬から11月上旬にかけては、道端や野原、河川などに生えるヨモギやブタクサも開花期を迎えます。

 

スギ花粉に比べて飛散範囲は狭いのですが、咳や鼻詰まり、目のかゆみなど風に似た症状が出る人もいるのです。

 

 

 
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML』企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

 

岸川医師によりますと、『花粉症は秋にも発症する。症状が続く場合は単純な風と思い込まず、アレルギーを疑い検査してほしい」と話しています。

 

夏のイネ科もそうですが、秋の花粉の原因は基本的に草花で、高所に生えていませんし、スギほど密集、群生していいないので、風で遠くから飛んでくる事は少ないのです。

 

都市部でも秋の時期にアレルギーがひどくなる人は、ブタクサなどの秋の花粉よりも、むしろ其の夏に増えたダニの死骸や秋のスギ花粉などが原因かもしれないのです。

 

また、自動車の排気ガスと花粉が混じってより症状を悪化させている可能性も考えられるとか、都市部では花粉以外にも原因となるアレルゲンが多く有るため、一年を通じて注意が必要なのです。

 

 

 

 

關山整体自然波動療法研究所が実証した、簡単セルフ整体『2分で肩がスッキリ』

<PR DMM見放題chライト>