スポンサーリンク

ムッシュ・かまやつ病室から仕事に復帰、ラジオ収録行う

 

肝臓がんで、東京都内の病院で入院中のミュージシャン、ムッシュ・かまやつ(77)が、仕事を復帰したのです。

 

60代~70代の方を熱中させたGSサウンド、ザ・スパイダーズ元メンバーのムッシュと呼ばれている、かまやつひろしさんが今月中旬、レギュラー番組を務めるJFN系ラジオ番組『ムッシュかまやつ keep On Running』を病室で収録し、『色々とお騒がせしちゃいましたが、絶対に復帰します』と元気な声を伝えました。

 

今月6月に肝臓がんを公表したかまやつさんは、ファンの心配をかき消すかのように、病室のベッドから元気な声を届けたのです。

 

 
フェルラ酸サプリ「アルツナイン」リピート率89.6%の認知機能サプリメント(株)今なら初回無料!

 

 

 

かまやつさんは、冒頭「今回は病室からジョイントしています』と先ずは近況を説明し、40年以上の親交があり、2003年に肺がんを克服したシンガー・ソングライターの吉田拓郎(70)さんから励ましのメールが届けられたことなどを告白しました。

 

かまやつさんは感謝の意味も込めて、拓郎さんから提供され1975年に大ヒットした自身の曲「我が良き友よ』オンエアしたのです。

 

仕事は、8月10日に同ラジオの収録をこなして依頼とのなりましたが、関係者によりますと『本人はいたって元気』と云うことで、退院時期は高齢も考慮して医師と相談しながら決めるとのことです。

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

ウィルス性肝臓がんとは

 

肝臓がんは、肺がんや子宮頸がんと並び、主要な発生要因が明らかになっているガンの一つなのです。

 

最も肝心なのは、肝炎ウィルスの持続感染といわれ、ウィルスの持続感染によって、肝細胞で長期に渡って炎症と再生が繰り返されるうちに、遺伝子の突然変異が積み重なり、肝がんへの進展に重要な役割を果たしていると考えられています。

 

肝炎ウィルスにはA・B・C・Dなど様々な種類が存在しており、其の中で『肝がん』との関係があるのは主にBC2種類です。

 

日本では、肝細胞癌の約60%がC型肝炎ウィルス(HCV)の持続感染、約15%がB型肝炎ウィルス(HBV)の持続感染に起因すると試算されています。

 

肝炎ウィルスに感染すると、「急性肝炎」と呼ばれる病気に、其の症状は、全身倦怠感、食欲不振、尿の濃染(尿の色が紅茶のように濃くなる)、更に黄疸などが現れるそうです。

 

しかし、自発的にはなんの兆候もなく、自然に治癒したり、知らぬ間に慢性肝炎に移行することも有るというのです。

 

また、肝炎ウィルスが体に侵入しても『肝炎』という病気にならず、健康な人体と共存している場合もあり、このように体内に肝炎ウィルスを持っていても健康な人のことを肝炎の『無症候性キャリア』と呼ぶのです。

 

 
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」カラーミーショップは無料電話サポート付き


 

 

大量飲酒と喫煙も

 

ウィルス感染以外の宦官のリスク要因として、大量飲酒喫煙、更に食事の混入するカビ毒のアフラトキシンが確実とされているのです。

 

また、最近の傾向として、アルコール摂取歴が殆どない脂肪肝(非アルコール性脂肪肝炎)が原因で肝硬変、肝がん発がんに至るケースが増えてきているのです。

 

糖尿病などの生活習慣病との関連も示唆されており、健康診断などで肝機能以上が指摘された場合には、たとえ肝炎ウィルス陰性であっても、一度肝臓専門医を受診したほうが良いとのことです。

 

最近の研究において、糖尿病患者でリスクが高いことや、コーヒー引用者でリスクが低いことを示すでーた報告があり、其の確認が今後の課題となっているそうです。

 

 
全ての悩みを全国各地の有名占い師達が解決!【電話占いヴェルニ】会員&募集

關山整体自然波動療法研究所が実証した、肩こり簡単セルフ整体『2分で肩がスッキリ』

 

 

スポンサーリンク