スポンサーリンク

一人娘の梅宮アンナより梅宮辰夫の現状や容体を報告

 

 

俳優の梅宮辰夫(78)さんが、8日発売の『週刊新潮』で十二指腸ガンと報道されることを受け、長女の梅宮アンナ(43)さんが7日、夕方から緊急記者会見を行いました。

 

 

%e6%a2%85%e5%ae%ae%e8%be%b0%e5%a4%ab

 

 

 

 

病名は『十二指腸乳頭ガン』と公表し、早期の発見により手術は成功したとのことで『結論から申し上げますと、父は今元気にしております。自宅で療養しております』と語ったのです。

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

会見冒頭でアンナさんは、『明日発売になる週刊新潮にいろいろ記事が書かれているんですけど、結論からもしますと今現在、父は非常に元気にやっております』と報告を、そして『『一時はちょっとどうなるかなとという所もあ幼児期ありましたけれど、おかげさまで自宅で療養中です』と現状を説明しました。

 

癌のステージについては、『1から2の間くらい』だと言い、『心配したのは、78歳なので高齢ということも有って、12時間の手術に耐えられる体力があるかどうかなということ。

手術中にもしかしたらという話もあったので・・・・・・』と心境を吐露していたのです。

 

 

女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」カラーミーショップは無料電話サポート付き


 

 

十二指腸ガンとは

 

十二指腸は、小腸をつなぐ消化管で、胃から送られてきた食物を更に消化して小腸へと送ります。

 

%e5%8d%81%e4%ba%8c%e6%8c%87%e8%85%b8%e3%82%ac%e3%83%b3

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

胃の出口(幽門)を超え、上部、下行部、上行部の4部位に分かれていて、下行部は胆管膵管と合流し胆汁が流出する乳頭部があります。

 

十二指腸ガンは消化管に発生するガンの中ではまれ(発生率0.062~2.9%)なガンで、其のため、遺伝子の変化など、原因に関しては現時点で不明であることが多いのです。

 

十二指腸ガンの80%は、良性腫瘍である腺腫から癌になるものが大部分と考えられており、家族性大腸腺腫症という遺伝性の疾患では、高い頻度で十二指腸ポリープと十二指腸ガンが発生する事が知られています。

 

早期がんでは、殆ど症状がないということですが、進行がんになって腹痛や吐き気、嘔吐、体重減少、貧血などが起こり、更に進行すると、ガンの浸潤が胆汁の出口を防ぐため、黄疸を来す場合もあります。

 

進行がんの多くは採血検査でCEACA19-9などの腫瘍マーカーが高値を示すことが有りますが、十二指腸がんには特異的なものではないと云うことです。

 

 
こどもの免疫力を高める【こどもバナナ青汁】
野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】

 

 

治療は、早期がんの場合には、手術による治療が原則で、非常に早期の場合には、内視鏡的粘膜切除術が行われることも有るということです。

 

がんの浸潤が粘膜下層までの早期がんは、リンパ節転移率が3.5~5.4%であり、開腹して十二指腸部分切除術が行われるそうです。

 

がんの浸潤が筋肉の層及びそれより深くまで及ぶ場合は、胃切除術が行われるとの事で、それ以外は膵頭十二指腸切除術標準術式だということです。

 

進行したガンにおいては、抗癌剤での治療が中心となるそうです。

 

 

 
とにかく飛距離が出る!究極の飛びを実現した高反発ゴルフドライバー【HAYABUSA】シニアドライバーに朗報!飛ぶドライバーはこちら

 

スポンサーリンク