スポンサーリンク

35分の無給水ランニング、生徒が熱中症からの腎不全で死亡

 

 

奈良県生駒市立大瀬中学校の生徒が部活動中に倒れ、熱中症が原因で亡くなった事故について、生駒市教育委員会は9月5日、『不適切な指導が有った』と発表をしました。

 

第三者による調査委員会で改めて事故の原因を調べ、再発防止を検討していくということです。

 

大瀬中では、8月16日朝、ハンドボール部の1年の男子生徒(12)が35分のランニング後に倒れ為救急搬送、病院で翌日、熱中症による腎不全で亡くなったのです。

 

市教委は、大瀬中が26日に出した調査報告書で『ランニング中に水分を取らせなかった』、『通常は30分間なのに、5分長く走らせた』指導について不適切と判断をしたと云うことです。

 

ハンドボール部の顧問は3人で、中心になって指導してきた教師が練習試合に同行したため、別の教師と交代しました。

 

其の際に、30分走るときは15分で給水という指導方法が引き継がれていなかったということです。

 

また、スタートが通常より5分遅く、生徒らが25分で走るのを辞めた教師が『ごまかした』と判断、30分走った後、更に5分延長し走らせたことも分かりました。

 

市教委も不適切であると認め、今月初めに遺族に謝罪したということです。

 

 
朝の目覚めに特化した朝専用スムージー【お寝坊女子のめざましスムージー】新朝ごはん「お寝坊女子のめざましスムージー」

 

 

事故に対する学校側の発表は8月17日、1年の男子生徒(12)がハンドボール部の練習中に熱中症の症状を訴え、病院に緊急搬送されたが、その後死亡したというものでした。

 

大瀬中によりますと、ハンド部は16日午前8時半から運動場で練習を開始、約35分間のランニング後、生徒がふらつき、顧問の問いかけにも反応しなくなったため病院に搬送したというのです。

 

夜になって様態が悪化し、転送先に病院で17日午前2次50分頃腎不全で死亡したということですが、熱中症が原因と見られています。

 

生駒市消防本部によりますと、16日午前9次の動詞内の気温は29.9度、湿度は69%だったということです。

 

ハンド部は15分に1回のペースで水分補給をさせていたということですが、担当顧問との引き継ぎができていなかったのです。

 

高島智春校長は、『全部活動の熱中症対策を点検し対応をすすめる』とコメントを出しました。

 

 
ルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

 

熱中症とは、暑熱環境で発生する障害の総称で、『熱失神』、『熱疲労(ねつひはい)』、『熱射病』、『熱けいれん』に分かられます。

 

スポーツによる熱中症事故は、適切に予防さえすれば防げると言われています。

 

しかしながら、予防に関する知識が重ブウに普及していないため、熱中症による死亡事故が毎年発生しており、特にこの数年、猛暑の夏が続き熱中症お危険性も高くなっています。

 

日本体育協会などでは、熱中症予防の原則を『熱中症予防5箇条』と指定まとめ熱中症事故をなくすための呼びかけを行っています。

 

 

オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ』で! カラーミーショップは無料電話サポート付き

 

 

スポーツ活動中の熱中症予防5箇条

 

☆ 暑い時、無理な運動は事故のもと

 

暑い時に無理な運動をしても効果が上がりません。環境に応じて運動強度を調節し、適宜休憩を取り、適切な水分補給をしましょう。

 

☆ 急な暑さに要注意

 

熱中症事故は急に暑くなった時に多く発生しており、夏の始めや合宿の初日、あるいは夏以外でも気温が急に高くなった場合は要注意、急に暑くなったら軽い運動にとどめ、暑さになれるまでの数日間は軽い短時間脳運動から徐々に運動強度や量を増やしていくようにしましょう。

 

☆ 失われる水分と塩分を取り戻そう

 

暑い時にはこまめに水分補給、経口補水液スポーツドリンク等を利用して0.1~0.2%程度の塩分も補給しましょう。

 

水分補給の目安は体重減少が2%を超えないように補給しましょう。

 

☆ 薄着スタイルで爽やかに

 

皮膚からの熱の出入りには衣服が関係するため、熱い時には軽装に、素材も吸湿性や通気性の良い物にしましょう。

 

直射日光がある場合は帽子を着用、防具をつけるスポーツでは、休憩中に衣服をゆるめ、できるだけ熱を逃がす工夫をしましょう。

 

☆ 体調不良は事故のもと

 

体調が悪いと体温調節機能も低下するため、熱中症につながりやすい、疲労、睡眠不足、発熱、風邪、下痢などの体調の悪い時には無理な運動をしないことです。

 

体力のンマイ人、肥満の人、暑さに慣れていない人、熱中症を起こしたことがある人などは要注意、学校で起きた熱中症死亡事故の7割は肥満の人に起きています。

 

指導者は、其の時の環境を考慮して、スポーツを指導してほしいものです。

 

 

 
食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】【ハイ・ユーグレナ(みどりむしサプリ】の購入はこちら

 

スポンサーリンク