スポンサーリンク

夏もアトピー性皮膚炎に要注意

 

 

気になる肌の『かゆみ』や『赤み』、『湿疹』が、実は『隠れアトピー』である可能性も!?・・・・子供から大人までこの時期には気をつけたいものです。

 

 

アトピー性皮膚炎2

 

 

現代では日本人の約2人に1人が何らかのアレルギーを持っていると言われており、アトピー性皮膚炎も皮膚のかゆみや赤み、肌荒れを特徴とするアレルギー症状の一つなのです。

 

一見、乾燥による一時的な肌荒れと思われる症状が実はアトピー性皮膚炎だった、というケースはよく有るそうです。

 

 

 
乾燥や敏感肌、アトピーにお困りの方に最適ジェル!製薬会社の『咲水スキンケアジェル』

 

 

 

強い日差しの6~8月は、紫外線が最も強くなる時期でも有り、紫外線は皮膚バリア機能を傷つけ肌を乾燥させるため、アレルギー症状の発症・悪化を招きやすいのだそうです。

 

 

アトピー性皮膚炎

 

 

 

曇や雨の日は紫外線量は減りますが、雲の間から太陽が出ている場合、雲からの散乱光が加わり、快晴時よりも紫外線が多く観測されることもあるので、曇りの日も要注意が必要なのです。

 

またこの時期は汗もかく為、アトピー性皮膚炎の人の多くは、汗による刺激で痒みが強くなり悪化することも有るのです。

 

かいた汗は乾いたタオルではなく、濡れタオルで拭き取ることで皮膚の乾燥を防ぐとともに、塩分や汚れを取り除くことが出来、サッパリ感が味わえます。

 

自宅に戻ったらシャワーなどで、皮膚についた汚れや塩分などを洗い流すようにしましょう。

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

 

アトピー性皮膚炎は、汗のたまりやすい部位である首、耳の周り、肘の内側、膝の裏側などの症状が出やすいので特に気をつけましょう。

 

暑い季節、熱中症対策としてエアコンは今や必需品ですが、エアコンの使い過ぎは室内を乾燥させ、皮膚バリア機能を低下させることも有るのです。

 

水分が蒸発して、ドライスキンになると、アレルギーの原因が入り込みアトピー性皮膚炎を発症しやすくなるのだそうです。

 

症状の悪化を防ぐには、『皮膚バリア機能』の低下を抑えることが大切で、エアコンを使い過ぎないようにしたり、保湿剤(ワセリンやジェル)などを使って肌から水分が失われるのを防ぐようにしましょう。

 

 

 
スマートフォンにも対応済みのショッピングカート【カラーミーショップ】カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決
 

 

 

アトピー性皮膚炎の患者さんの中には、お風呂あがりや就寝時の体温が上昇した際や、寝不足疲れイライラ等をきっかけとして、皮膚が痒くなり、引っ掻いているうちにアトピー性皮膚炎を発症するという方もいるそうです。

 

以前は乳幼児多いアトピー性皮膚炎の多くは、学童期になると自然に治る傾向が見られたということですが、此処20年ではその傾向に変化が見られるようになったということです。

 

成人になっても、治ることなく症状が続く人や悪化する人が増えてきているのだそうです。

 

成人のアトピーの発症・悪化には、乾燥や発汗の皮膚状態や其の環境要因に加え、仕事や人間関係などのストレスも大きな要因になっているとのことで、小児のアトピーに比べ治療が難しい傾向に有るそうです。

 

 

 

 
体調・食習慣にお悩みなら【ハイ・ユーグレナ(ミドリムシサプリ)】食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】