スポンサーリンク

肺がん、日本人の罹患数は大腸がに続き第2位

 

 

免疫力の個人差が肺がんの発症しやすさと関係していると、国立がん研究センターなどのチームが、科学誌『ネイチャー・コミニュケーションズ』に発表しました。

 

肺がんの発症予測や予防、治療などに役立つと期待されています。

 

肺がんは、ガンの中で最多の年間約7万4000人が亡くなっており、肺がんの中でも最も多い「肺腺癌」は、タバコを吸わない人も発症することが多く、予防が難しいとされているのです。

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

 

チームは、肺腺癌の約半数を占める特定の遺伝子に変異を持つがん患者約3000人と、ガンではない約1万5000人から、約70万箇所の遺伝子のパターンの違いを比べたという事です。

 

この結果、多くのがん患者の遺伝子には、新発見の2領域を含む6領域に特有のパターンが見られたと云うのです。

 

この内免疫に関する遺伝子領域に特有のパターンを持つ人は、持たない人に比べ1.3倍程度癌になる危険性が高かったことが分かりました。

 

同センター研究所の河野隆史分野長(ガン遺伝学)は、『今回の成果に、生活習慣などを組み合わせて肺がんの発症予測モデルを作りたい』と話しています。

 

 

 

 
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決
 

スポンサーリンク

 

 

がんの早期発見や予防を巡っては、様々な分野で研究されており、わずか血液1滴でがんを早期発見できる、というそんな夢の様な診断法の開発が国家プロジェクトして動き出しているのです。

 

拠点の国立がん研究センターに、9つの大学と6つの民間企業が集結し、ガンを超早期に捉えるための強力な武器『マイクロRNA』、ガンの増殖や転移に深く関与する物質を研究しています。

 

がん細胞は、生まれた瞬間から特有のマイクロRNAを出していることが最近の研究から明らかになったのです。

 

がん細胞を破壊しようと集まってくる、免疫細胞を抑えこむなどの働きをしているのです。

 

 

 
ペット用品、ペットフードの通販サイト品揃えが豊富!ペット用品通販はペット用品.com
 

 

 

このマイクロRNAを検出できればレントゲンやMRIなど従来の検査機器では見つけられないほど小さなガンでも捉えることが出来るというのです。

 

癌ができる臓器によって、マイクロRNAのタイプは異なることが分かってきており、その関係を特定するために、このプロジェクトでは7万人分のがん患者の血液の分析を進めているということです。

 

まもなく乳がんと大腸がんと関係するマイクロRNAの特定を終える見込みだとか、4年後までに肺がんや胃がんなど13種類の癌を一度に超早期に発見できる検査の実用化を目指しているそうです。

 

他にも、ニオイでガンを発見する、唾液でガンを発見するなど超早期発見分野での開発が進められています。

 

 

 
1秒で水素水!ドリップ式水素水タンブラー。1秒で水道水が水素水に変わる【Swish】