スポンサーリンク
地球温暖化、解ける永久凍土と目覚める未知なる病原体 | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

伝染病, 自然

地球温暖化、解ける永久凍土と目覚める未知なる病原体

スポンサーリンク

ロシア北部で炭疽集団発生

 

ロシア極北ヤマロ・ネネツ自冶管区で、今月初めに起きた炭疽(たんそ)の集団発生で、先週までに23人の感染と少年1人の死亡が確認されたのです。

同国政府は感染拡大を防ぐことを目的に、レスキュー隊や兵士らを数百人規模で配備したということです。

 

 

炭疽菌感染トナカイ

炭疽菌に感染したトナカイ

 

ロシア北部同自冶管区にあるヤマル半島での集団発生については、炭疽菌に感染したトナカイの死骸が永久凍土の融解により露出し、他の動物に感染したことが拡大の原因と考えられています。

今後の懸念は、温暖化によって永久凍土が解け、その他の病原体が今回と同じように露出することで、中には氷河時代にまで遡る未知なる病原体の可能性も有るということです。

 

今回の感染は、70年前に炭疽菌の感染で死んだ動物の埋葬地で氷が解けたために起きた可能性が高い』と、永久凍土の生物学的問題に取り組む『Institute for Biological Problems of Permafrostzone』の研究所長は述べています。

 

スポンサーリンク

 

ロシアは世界平均よりも2.5倍の速さで温暖化進んでおり、また北極に近い地域では、同国のその他の地域よりも更にその進み方が早いのです。

カラ海とオビ湾に挟まれたヤマル半島には、トナカイの遊牧する人々が僅かですが住んでいますが、ヤマル半島の今年7月の最高気温は35度に達し、これは例年より8度程高いということです。

 

炭疽は、炭疽菌の感染によって起きる感染症で、動物からも感染します。

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

皮膚接触によって自然感染することが多く、感染しますと、皮膚に黒い病変が出来治療受けないと死に至ることも有るのです。

 

 

お得な情報
LEAN BODYいつでもどこでも流行のフィットネスレッスンが見放題
 

 

北極には、炭疽菌以外の病原体が何世紀に渡って眠っているとされ、これらは氷の融解とともに露出する恐れが有ると考えられています。

 

疫学研究所のビクトール・マレイエフ副所長によりますと、同国北部には、19世紀末に天然痘が流行した際の感染体埋葬地が有る他、最近では、マンモスの死骸の中から『巨大なウィルス』が新たに発見されているというのです。

 

マンモス

参考写真であり、本文との関連性はありません

 

これ等については詳細はまだ特定されていませんが、同氏は研究の継続を訴えています。

 

現在の状況についてマレイエフ氏は、『気候変動は私たちに多くの驚きをもたらすだろう』としながら、『人々の恐怖心を煽るつもりはないが、私達はその時のために備えておくべきだ』と主張しているのです。

また、今回の炭疽集団発生については、炭疽菌が眠っている地域での放牧行為によって起きたと考えられているため、本来ならトナカイへのワクチン接触で回避あるいは軽減できたとしています。

 

 

お得な情報
水素サプリメント BIGBANG数多くある水素サプリメントの中で唯一、モンドセレクションを受賞!
 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén