スポンサーリンク

日本では相撲取りからプロレスラーなどスポーツ選手から、美容にまで

 

 

 

リオデジャネイロオリンピックの競泳男子で、オリンピックの通算金メダル数を22個に伸ばした『怪物』、マイケル・フェルプス(米国)の身体にある、青紫の丸いアザが注目を集めているというのです。

 

 

マイケル・フェルプス

参考写真であり、本文との関連性はありません

 

 

 

中国や東南アジアなどでは日常的に行われているカッピング(吸玉)療法の跡なのですが、欧米などでは馴染みが薄く、特に東欧地域に位置するロシアに至ってはドーピングと同一視して、言いがかりをつけているとう云うのです。

 

フェルプスが、通算19個目の金メダルを獲得した7日の競泳男子400メートルリレー、フェルプスが泳ぐ前にまず、右肩周辺に残る5・6個の丸い青紫色のアザが観衆の目を引きつけたのです。

 

欧米ではすぐさま、インターネットの会員制交流サイト(SNS)などを通じて、『神秘のマーク』としてその正体が話題になったのです。

 

中には、『戦闘ゲームの射撃の跡だ』、『巨大なタコに吸われた跡だ』等といった、物議をかもし、正体を知る者にとっては最早、笑うしかない推測も。

 

 

 
メディアで話題『ハイ・ユーグレナ(ミドリムシサプリメント)』\送料無料/食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】


 

 

フェルプスは欧米メディアに対して、カッピングの後であることを説明し、レース前に痛みや倦怠感が有るときにカッピング療法を受けていることを、明らかにしたのです。

 

カッピングは中国や中東、東南アジア、日本でも古くから行われている吸引療法の一種です。

 

円筒形の容器の中でアルコールを含ませた綿球を燃やして、身体の患部に被せてうっ血を起こすことで、体内の不溶物(瘀血)を排泄し、血液の循環を促すことを目的としています。

 

現在は、真空ポンやモーターを使った機器や、シリコンゴム製のものまであり多様化しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はフェルプスにかぎらず、スポーツ界では疲労回復に効果があるとして、カッピングの信奉者が多いのです。

 

施術跡をSNS上で公開しているハリウッドスター人気歌手もいるほどで、今回、オリンピックの舞台でフェルプスが宣伝したことで、欧米でのカッピング機器の売れ行きがわずか3日間で20%以上増加したということです。

 

一方、国ぐるみのドーピングが発覚し、国際スポーツ界から白眼視されているロシアのテレビ局は、『カッピングの効果は、禁止薬物メルドニウムと変わらない』と、荒唐無稽な主張を展開しています。

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

 

ルドニウムは、もともと不整脈心臓疾患の治療薬として開発されましたが、血流を促進し、競技力を向上させる効果があるとして、今年から世界アンチ・ドーピング機関(WADA)が禁止薬物に指定したのです。

 

1月にはテニス女子のスター選手である、マリア・シャラポワ(ロシア)選手が、全豪オープンのドーピング検査でメルドニウムに陽性反応を示して2年間の資格停止処分を課され、リオ・オリンピック出場の道が閉ざされたのです。

 

それに対しカッピングは、国際オリンピック委員会(IOC)の規定で合法と認められています。

 

ロシアのプーチン政権は、ドーピング不正問題について、『米国の陰謀』を匂わせる発言や宣伝を行っており、腹いせにフェルプスに言いがかりをつけた形となりました。

 

 

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ 』で!カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>