スポンサーリンク
糖尿病やメタボや高血圧などの生活習慣病、一無・二少・三多で予防 | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

糖尿病やメタボや高血圧などの生活習慣病、一無・二少・三多で予防

スポンサーリンク

多くの疾病の原因・生活習慣病の改善に効果絶大

 

 

 

病原体や有害物質、遺伝的な要素は疾病の発症や進行に影響すると言われ、そして、食習慣、運動習慣、休養の取り方、嗜好などの生活習慣も、糖尿病、高血圧、更にはガン、脳卒中、心臓病など多くの疾病の発症や進行に深く関わっていることが明らかになっています。

 

 

生活習慣病とその予防

 

 

 

 

 

現在、これらの生活習慣病の改善と予防が大きな課題となっているのですが、新たな取組も考えられてきました。

 

『生活習慣病』という用語は従来使われていた『成人病』対策が、二次予防(病気の早期発見・早期治療)に重点を置いていたのに加えて、生活習慣の改善を中心とした一次予防(健康増進・発病予防)に充填を板対策をするために新たに導入された概念なのです。

 

生活習慣病の『代表格』である、糖尿病患者さんの数は、我が国では890万人と推計されており、予備軍も含めると2210万人とも言われているのです。

 

また、高血圧、脂質異常症といった疾病を有する人々の数は、それぞれ3970万人、4220万人と推定されています。

 
体調・食習慣にお悩みなら【ハイ・ユーグレナ(ミドリムシサプリ)】食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】
 

中高年の多くの方が何らかの生活習慣病を持っていて、それが将来重大な健康障害になる可能性があると見られており、これらの疾患について、早期発見と早期治療が急がれているのです。

 

このような状況を踏まえて、現在、国内では『21世紀における国民健康づくり運動『健康日本21』』が行われていたのをご存知でしょうか。

 

この運動は、2010年までの一区切りとして9つの分野に関して目標を定め、それを達成す振く国民的な運動を展開していく活動でした。

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』


 

(1) 栄養・食生活

 

適正な栄養状態、栄養素(食物)の摂取、適正な栄養素(食物)の摂取のための個人の行動、個人の行動を支援する環境づくり。

 

(2) 身体活動・運動

 

国民の身体活動運動に対する意識向上、日常の活動性および運動習慣を持つものの割合の増加、これらの活動を行うことが出来る環境づくり

 

(3) 休養・心の健康づくり

 

十分な睡眠を取り、ストレスと上手に付き合う身体及び心の健康を保つための三要素:☆適度な『運動』、☆バランスの取れた『栄養・食生活』、☆心身の疲労回復と充実した人生を目指す『休養』

 

(4) タバコ

 

タバコの健康影響についての十分な知識の普及、未成年者の喫煙防止(防煙)、受動喫煙の害を排除し、減少させるための環境づくり(分煙)、禁煙希望者に対する禁煙支援

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ 』で!カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

(5) アルコール

 

多量飲酒の減少、未成年者の飲酒防止、節度の有る適度な飲酒についての知識の普及

 

(6) 歯の健康

『8020(ハチマル・ニイマル)』運動の実現、歯の総失望し、原因となる蝕・歯周病の予防

 

(7) 糖尿病

 

一次予防の推進:☆生活習慣の改善、☆糖尿病有病者の早期発見・早期治療

 

(8) 循環器病

 

一次予防の推進:☆生活習慣の改善、☆循環器病の早期発見

 

(9) ガン

 

一次予防の推進:☆生活習慣の改善、☆検診による早期発見・早期治療

 

これらを可及的に減らし、健康障害を予防していくために、栄養・運動・休養・喫煙・飲酒についての正しい生活を、習慣づけていく必要があるというのです。

朝の目覚めに特化した朝専用スムージー!新朝ごはん「お寝坊女子のめざましスムージー」

 

 

 

 

一無・二少・三多で予防

 

現代の日本人の健康の秘訣として最適なのは、『一無(無煙)、二章(少食・小酒)、三多(多動・多休・多接)』という研究結果が発表されたのです。

 

 

一無・二少・三多

 

 

 

 

 

『一無・二少・三多』の実践数が増えるとメタボの発症はすくなるというのですが・・・・・!

 

一無・二少・三多は池田芳夫・日本生活習慣病予防協会理事長が20年以上前から提唱してきたものです。

 

『一無』では禁煙、『二少』では食事量や飲酒を少なめの腹八分目にし、『三多』では激しい運動でなくてもウォーキングや軽い筋トレなどで身体をできるだけ動かし(多動)、休養を取り、個人差が有るにしても、睡眠を十分に取り(多休)、多くの人や物と接し生活を創造的にする(多接)ことを勧めているのです。

 

 

一無・二少・三多

 

一無 : 禁煙

 

 

二少 : 少酒=飲酒は飲める人でも日本酒換算で1合程度までとする。 

 

    少食=腹七・八分目で肥満を防ぎ、塩分は10㌘/日以内とする。

 

 

三多 : 多動=1日20分の歩行を2回と体操・筋力トレーニングを各10分行う。

 

    多休=6~8時間の睡眠

 

    多接=多くの人・事・物に接し趣味を豊かに、創造的な生活をする 

 

 

 

 
旅行総合サイト【たびらいツアー予約】格安ツアー

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén