スポンサーリンク

ガン等の病気や筋肉&内臓に障害の恐れも

 

 

ミトコンドリアという言葉をご存知でしょうか、いきなりなんだ科学の話か、と思われるかもしれませんが、生物の教科書で学んだことを思い出す方も、ミトコンドリアは私達の細胞一つ一つに存在していて、エネルギーを作り出しているのです。

 

 

もし、ミトコンドリアがなかったら、身体は動くことが出来ませんし、呼吸も出来ない、心臓も動かないという、これほど重要な期間なのですが、其の実態は今でも明らかになっていないのです。

 

 

ミトコンドリアは、すべての細胞にあり、平均して一つの細胞に300個から400個存在し、其の総数は1京個(一兆の1万倍)だそうです。

 

 

 

 
【ハイ・ユーグレナ(みどりむしサプリ】の購入はこちら
食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】
 

 

 

 

 

体全体でミトコンドリアがどのくらいあるのかというと、体重の1割はミトコンドリアではないか、と言われているのです。

 

 

特にエネルギーをたくさん使う細胞ほど、ミトコンドリアの数が多いと言われ、例えば、1分間に60回から70回拍動している心臓の筋肉細胞には、ミトコンドリアがびっしりと付いているそうです。

 

 

因みに心臓は、24時間で約10万回拍動しており、それを死ぬまで繰り返しているわけで、身体の中で一番良く動いている筋肉なのです。

 

 

心臓以外で比較的ミトコンドリアが多いのは筋肉であり、筋肉も体を動かすためにあるのですから、当然ミトコンドリアも多いということになります。

 

 

さらに最近、ミトコンドリアがエネルギー源を作っているだけではないことが次々と分かってき経と云うのです。

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

 

年齢とともに、筋肉が衰えていくことが問題になっていますが、サルコペニアと言われ、筋肉の量そのものが減っていくのです。

 

 

もちろん、運動を欠かさないという人は別ですが、特別に運動をしていないと、筋肉の量は20代をピークに30代からほぼ10歳ごとに5~10%ずつ少なくなっているのだそうです。

 

 

80代になると筋肉の量が20代の約半分になってしまうとか、筋肉が減ればミトコンドリアも当然ですが減っていくことになります。

 

 

ミトコンドリアは、障害を受けた問題のある細胞を自然に死滅させることを、手助けしていることも新たにわかったということで、アポトーシスと呼ぶそうですが、もしこれが働かなくなると、取り除かれるはずの細胞外座り、身体に有害な事態を引き起こす結果に、ガンなどが其の例といえるというのです。

 

 

それでは、どうしたらミトコンドリアは増えるのでしょうか?

 

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ』で! カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

 

ミトコンドリアを増やす、正確には分裂させるには運動が有効だというのです。

 

 

運動にはエネルギーが必要ですが、このエネルギーを生産しているのはミトコンドリアであり、運動をするとエネルギーが消費され、足りなくなってきます。

 

 

そこで、ミトコンドリアも自らを増やしてエネルギー不足に対応しようとする事に、こうしてミトコンドリアが増えていくのだそうです。

 

 

いざという時に役立つ予備のミトコンドリアを不安と言っても良いかもしれません、新鮮なミトコンドリアほど其の活動が活発だそうです。

 

 

廊下とは、細胞がその機能を果たせなくなり、衰えていくことであり、この老化した細胞を自然に取り除くために、ミトコンドリアが必要になてくるのです。

 

 

運動をして、新鮮なミトコンドリアを増やしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 
朝の目覚めに特化した朝専用スムージー!新朝ごはん「お寝坊女子のめざましスムージー」

 

スポンサーリンク