スポンサーリンク

 

約2千万件の論文を学習させた、人工知能『ワトソン』が貢献

 

 

膨大な医学論文を学習した人工知能=AIが60代の女性患者の白血病を、治療などが難しい特殊なタイプだと10分で見抜き、適切な治療法の助言で回復に貢献していたことが4日、わかったのです。

 

 

治療をした東京大医科学研究所は、『医療へのAI応用に大きな手応えを感じた』とのコメントを出しています。

 

 

同研究所が使ったのは、米国のクイズ番組で人間のチャンピオンを破った米IBMのAI『ワトソン』です。

 

 

同研究所は、AIが患者の救命に役立ったケースは日本国内で初ではないか、としています。

 

 

 

 
楽天総合1位 3回獲得!【ハイ・ユーグレナ(みどりむしサプリ)】食生活が乱れがちな人ための健康習慣をサポート【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】
 

 

 

 

治療に関わった東條有伸教授は『AIが医療分野への応用に非常に大きな可能性を持ていることが実感できた。将来は診断や治療の方針作りに役立つだろう』と、話しています。

 

 

膨大なデータの学習で的確な判断を行うAIは、多様な分野で応用が模索されていますが、今後は医療への応用が本格化するのでは、と期待されています。

 

 

今回、治療で助言を受けた女性患者は昨年、血液がんの一種である『急性骨髄性白血病』と診断され同研究所に入院しました。

 

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

 

 

当初の半年間は2種類の抗ガン剤で治療をしていましたが、回復が遅く、敗血症などの恐れも出てきたという事です。

 

 

東大は、昨年からIBMと共同で、ガンに関連する約2千万件の論文をワトソンに学習させ、診療に役立てる研究を行っていたと云うのです。

 

 

そこで、女性患者のがんに関係する遺伝子情報をワトソンに入力したところ、、急性骨髄性白血病のうち、診断や治療が難しいとされる『二次性白血病』という、特殊なタイプだとの分析結果がわずか10分で出たのです。

 

 

ワトソンは治療法の変更を提案し、臨床チームが別の抗癌剤を採用し治療法を変更した結果、女性は数ヶ月で回復して退院し、現在は通院治療を続けているということです。

 

 

 

 
朝の目覚めに特化した朝専用スムージー!新朝ごはん「お寝坊女子のめざましスムージー」

 

 

 

AIは、米国のスティーブン・スピルバーグ監督作品・ロボットを題材としたSF映画『AI(エーアイ)』を思いだす方も多いのではないでしょうか。

 

 

映画の中では、人間と同じ愛情を持つ人型ロボットでしたが、AI(エーアイ)とは映画とは形は違いますが、『Artifiicial Ineteligence(アーティフィシャル インテリジェンス)』の略語で、人工知能のことを指します。

 

 

人間の知能をコンピュータが模倣し、システム化することを人工知能=AIと呼ぶのです。

 

 

最近では、有名なAIとしてソフトバンクのロボット『Pepper(ペッパー)』や、マイクロソフト日本の女子高生AIの『りんな』等があります。

 

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ』で! カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

スポンサーリンク