スポンサーリンク

缶酎ハイやサワーなど『3%のお酒』が売れている

 

消費者の健康志向が強まる中、酒類でアルコール度数が低い商品の売上が拡大しているというのです。

 

サントリースピリッツは缶チューハイ『ほろよい』ブランドの2016年販売目標を、当初計画より110万ケース(前年比10%像)に上方修正したのです。

 

アサヒビールも度数3%の『カルピスサワー』などが好調だとか、サッポロビールは低アルコールワインを9月6日に発売するとか、無添加・無着色、翌日の体調にひびきにくいといった安心感などを強みに低アルコール市場が動き出したようなのです。

 

 

 
オンラインストアの開設は、お試し無料の『カラーミーショップ』で! カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

若者需要を取り込む

 

サントリースピリッツのほろよいの対象客層は20~30代の男女だとか、白いサワー、白ぶどう、アイスティーなど主力6商品と期間限定商品などが有り、飲みやすく優しい味わいが特徴です。

 

8月2日に顧客のキャンペーン投票で開発商品を決めた『白いサワー 香るマスカット』を発売するなど、若者需要を上手く取り込んでいます。

 

アサヒビールのカルピスサワーは、新商品の白桃味を6月7日に発売したのが奏功し、6月の売上は前年同月比47%増に、1~6月の累計もプラスで推移しているそうです。

 

りんごが原料の『ニッカシードル』は青森県特産の黄色いりんごを使用した『ときりんご』を発売、アルコール度数3%の飲みやすさに加え、無添加・無着色の安心感が消費者に受け入れられたと見ているとのことです。

 

ワイン市場で程度数商品を仕掛けるのはサッポロビールで、9月に度数3%の赤・白ワインを投入する予定で、開栓しやすいスクリューキャップを使用し消費税抜きの価格は500円、度数が低く気軽に飲めるのです。

 

同社の調査によりますと、ワインは好きだが度数が10数%と高いため、家事や翌日の仕事を考えて他の酒類に流れる消費者が多かったそうで、平日でも気軽に飲める低アルコールワインで新市場を開拓するとのことです。

 

一方、キリンビールは健康志向を深掘りする考えで、痛風などの原因となるプリン体が0を特徴とする第3のビール『喉ごしオールライト』を9月20日刷新するそうです。

 

原料に新たなホップを追加し、原材料配合も見なおしてより旨いビールらしい味に、身体への負担が軽く、気兼ねなく飲める特徴を訴求する考えだそうです。

 

 
レンタルサーバー 【ヘテムル】 なら、独自ドメイン【無制限】、データベース【100個まで】を追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の 256GB!1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。


 

 

二日酔いするほど飲みたくない

 

酒類メーカーの多くは、度数が高い缶酎ハイやビール開発に積極的な理由として、度数を高くすることでコクやキレを高める狙いが有るのです。

 

一方で、種類ユーザーは20~30代や女性が着実に増えており、これらの層で二日酔いするほどは飲みたくないと考えている人が多いのだとか、中高年層も高齢化で健康か気になりだしているのです。

 

1990年前後のバブル景気時は酒類消費も増えましたが、最近は家飲みが増え、『ちょっとリラックスしたい』との理由で消費する人が多いというのです。

 

3%の酒は、そうした消費者ニーズになった商品といえるかもしれません。

 

 

 

 
いくつになっても女性らしく生きる。エクオールを補給した美しい女性
【エクオール補給サプリ noi エクオール ガニアシ】


 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>