スポンサーリンク

新潟県に住む30代女性、デング出血熱を発症し死亡

 

 

 

新潟県に住む30代の女性が、デング出血熱を発症し死亡したということです。

 

 

厚生労働省などによりますと、新潟県に住む30代の女性は、7月15日にフィリピンから帰国した後、発疹や腹痛、嘔吐(おうと)や下血などの症状を訴え、医療機関を受診その後入院をしていたということです。

 

 

女性からは『デングウィルス』が検出され、21日に死亡しました。

 

 

 

フィリピン滞在中に発症していることから、現地デカに刺された可能性が高いということですが、帰国後すぐに医療機関を受診していることなどから、国内での感染拡大の可能性は低いと見られています。

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』


 

 

 

デング熱の感染は

 

デング熱は、デングウィルスと云うウィルスが人間の体内に感染して起こる急性の熱性感染症です。

 

 

感染した場合、発熱や頭痛、筋肉痛、発疹、下痢、全身倦怠感などの普通の風邪のような症状が現れるのです。

 

 

デング熱の感染は、デングウィルスに感染した人を蚊が吸血すると蚊の体内でデングウィルスが増殖し、其の蚊が他の人を吸血することで、ウィルスが感染します。(蚊媒介性)

 

 

人から人に直接感染するような病気ではなく、また感染しても発症しないことも多く見られるということです。(不顕性感染)

 

 

デングウィルスを媒介するかは「ネッタイシマカ』、『ヒトスジシマカ』と胃う種類の蚊で、ネッタイシマカは日本にいませんがヒトスジシマカは日本にもいるのです。

 

 
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

 

流行している国は

 

近年流行しているジカ熱と同様に、熱帯や亜熱帯全域で流行しているということで、特に東南アジア、南アジア、中南米、アフリカ、オーストラリア、ハワイでも発生の報告があり、最も日本に近い流行地は台湾になります。

 

 

何故、日本で騒がれているか

 

日本では、約70年前を最後に国内での発症はありませんでした。

 

 

ただし、海外の流行地でデングウィルスに感染し、帰国した症例は毎年200名前後報告がされているのです。

 

 

日本国内での感染ではなく、帰国後に発症することを『輸入感染症(例えば、マラリア、狂犬病、エボラ出血熱など)』と呼び、デング熱は此処70年間は『輸入感染症』として取り扱われてきたのです。

 

 

しかし、2014年8月に国内感染事例が1例確認され、その後も次々に国内感染事例が報告されたため、報道に大きく取り上げられましたので周知のことだと思います。

 

 

 
家庭用脱毛器でこの脱毛効果!クリニック仕様の家庭用脱毛器「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」

 

 

 

治療薬や予防対策は

 

基本的には治療薬がないため、対処療法になるそうです。

 

 

安静、点滴にて自然に治癒する病気ですが、中には出血傾向となり、あらゆる臓器から出血し、死に至るケースも極稀に有るということです。

 

 

デングウィルスに感染しないようにするためのワクチンは他国で開発中ですが、現在のところまだ承認はされていません。

 

 

予防対策としては、蚊に刺されないように虫よけスプレをしたり、肌の露出を少なくすることが大切です。

 

 

フィリピンなど東南アジア諸国からの要望で、日本の家電メーカーSHARPが蚊取り機能がついた空気清浄機を開発し大きな成果を上げたという事で、日本国内では、昨年より販売が開始されました。

 

 

 

 

 

 

取り扱いが簡単な上、蚊の呼び込み率高く、清掃の簡便化が図られているということで、国内の旅館等でも使用されているところが増えたそうです。

 

 

万が一下に刺された後、潜伏期間2~10日間ほどの間に通常の風邪んお様な症状が見られた際は、医師の診察をうけるようにしましょう。

 

 

 

 
女性のサプリ、PMSサポートがリニューアル!
毎月訪れる女性特有の心と体の悩みに、チェストベリーサプリメント【女性のサプリ noi Lサポート 静】


 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>