スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 世界一の長寿国日本、日本人の316万6000人が糖尿病患者? | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

世界一の長寿国日本、日本人の316万6000人が糖尿病患者?

スポンサーリンク

 

 

糖尿病患者を苦しめる合併症とは?

 

 

 

厚生労働省の調査によりますと、20114年の日本人の平均寿命は男性80.5歳、女性86.83歳と記録を更新。

 

 

高度な医療システムの革新、公的保険制度の運用、健康的な食生活や栄養管理、国民の健康意識など、長命長寿支えるファクターに恵まれていることから、日本は世界一の長寿国になりました。

 

 

一方、日本人の死因は、ガン(悪性新生物)心疾患(心筋梗塞、狭心症など)脳血管疾患(脳卒中、脳梗塞など)が上位を占めています。

 

 

とりわけ、糖尿病は最近の研究によりますと、ガン、心疾患、脳血管疾患の発症リスクを高める重篤な難病なのです。

 

 

しかも、糖尿病が引き金になって発症する腎不全は、血糖コントロールの不良が続けば、全身のホメオスタシス(恒常性)が低下するため、肺炎などの呼吸器疾患を合併する恐れが有ると言われています。

 

 
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」
カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

スポンサーリンク

 

 

2015年12月の厚生労働省『平成26年患者調査の概況』によれば、国内の糖尿病の患者数は316万6000人で、2011年調査の270万から46万6000人も増え過去最高を記録しました。

 

 

生活習慣病関連の患者数は、高血圧性疾患1010万8000人、高脂血症206万2000人、心疾患172万9000人、ガン162万6000人、脳血管疾患117万9000人となり、高血圧性疾患に次いで糖尿病が急増している状況が読み取れるのです。

 

 

2015年12月の厚生労働省『平成26年国民健康・栄養調査』によれば、糖尿病患者の割合は、男性15.5%、女性9.8%で20~79歳の8.8%、11人に1人が糖尿病患者ということになります。

 

 

50歳を超えると増え始め、70歳以上では男性の4人に1人(22.3%),女性の6人に1人(17.0%)が糖尿病に悩まされているのです。

 

 
こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ

 

 

 

2015年11月の厚生労働省『平成26年人口動態統計の概況』によれば、糖尿病による死亡数は年間1万3669人(男性7265人、女性6404人)を数えているのです。

 

 

糖尿病による死亡は、糖尿病の合併症や糖尿病に起因する疾患によって死亡するケースが多いことがわかっています。

 

 

生活習慣病や肥満は、多くの人を糖尿病へと陥れていき、糖尿病に伴う血糖値の上昇は、失明運動障害下肢切断などの血管合併症を招きます。

 

 

糖尿病患者は短命と言われていますが、早期の予防措置、生活習慣の見直し、適切な血糖降下療法、食事療法、運動療法を組み合わせて症状を改善すれば、合併症を予防できると言われており、『死に至る病』を避けられ、健常者と変わらない寿命を全うできるのです。

 

 

1型糖尿病と健常者の寿命の差は縮まっていると言われ、糖尿病の機序を解明するさらなる臨床研究が急がれます。

 

 

 

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

<PR DMM見放題chライト>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください