スポンサーリンク

 

医師を信用しすぎて死にかけた?TV番組で告白

 

 

 

ステージ4の膀胱がんで余命宣告を受けながら手術で克服した、ボクシングの元世界王者・竹原慎二(44)さんが20日、【医者を信用しすぎて死にかけた】と衝撃の告白をしたのです。

 

 

竹原慎二

 

 

 

 

20日放送のテレビ朝日系『あるある議事堂・週刊誌にまけるな!今田耕司が芸能人の整形・自宅の値段・大手術の真相全部話せますSP』(午後7時)に出演した竹原さんは、頻尿がひどかったため、病院に行くと、医師に『膀胱炎だね』と言われたというのです。

 

 

4~5ヶ月後、尿道に痛みが走ったため、また診てもらうと、今度は『前立腺炎です』と診察されたというのです。

 

 

最初の診察から1年後、ついに尿道から真っ赤な血が出てたため、慌てて病院に行くと医師からやっと、別の病院を紹介され診察を受けると『ステージ4のガンです』と、衝撃の診断を受けたという。

 

 

その後、手術に踏み切り、病を克服しいた竹原さんは、『医者を信じすぎてはいけません』としみじみ話していいたのです。

 
マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』


 

 

膀胱がんとは

 

膀胱の内部は以降上皮細胞に覆われており、、膀胱がんの殆どは移行上皮から発生すると言われています。

 

 

膀胱がん

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

 

 

 

 

 

膀胱がんは、40歳以上の男性に多く、年間10万人中約10人の発生率です。

 

 

はっきりとした原因は不明ですが、喫煙する人ではしない人と比較して膀胱がんが2~3倍高くなるということです。

 

 

また、染料や化学薬品(アニリン系色素やベンチジン、2-ナフチラミンなど)を扱う職業で膀胱がんの発生頻度が高くなっています。

 

 

長期間『膀胱結石』が有ったり、膀胱周囲の血管系に規制するビルハルツ『住血吸虫症』に感染していたりすると、其の慢性的な刺激により、発がんすることがあるというのです。

 

 
ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!【カラーミーショップ】
カラーミーショップなら無料電話サポートがついてるから困った事もその場で解決

 

 

膀胱がんの主な症状は?

 

 

症状としては竹原さんがTVで述べていたように、初期症状として最も多いのは血尿で、赤や褐色の尿の自覚や、尿検査で発見されるそうです。

 

 

この血尿は、痛みなどを伴わないのが特徴で、『無症候性血尿』と呼ばれています。

 

 

病変の場所が膀胱の出口(尿道口や膀胱頸部)に近いと、膀胱炎の症状(頻尿、排尿時の疼痛、尿の混濁、残尿感など)、排尿障害が現れるということです。

 

 

更に尿管が閉塞してしまうと、『水腎症(尿が流れないために腎臓が腫れたり、尿管が拡張した状態)』や、それによって腎機能が低下することがあるそうです。

 

 

進行すると痛み、排便の異常、直腸や子宮からの出血を認めることも有るということです。

 

 

膀胱がんは血尿で始まることが多い病気ですが、血尿があれば全て膀胱がんというわけではありません。

 

 

しかし、血尿を自覚したり、尿検査などで異常を指摘されたりした場合にはいろいろな病気が考えられるので、其の際は泌尿器科や腎臓内科の専門医に相談してみましょう。

 

 

 
独自ドメインを複数お持ちの方にお勧めのレンタルサーバー!
月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

スポンサーリンク