スポンサーリンク

 

20世紀の偉大なるチャンピオンに、人生終焉ののゴングが鳴り響きました。

 

 

 

プロボクシングの元蛇級王者、『モハメド・アリ』さんが6月3日、アメリカ・アリゾナ州の病院で死去しました、74歳で人生の幕を降ろしました、死因は呼吸器疾患ということです。

 

モハメド・アリ

参考写真であり本文との関連性はありません

 

 

 

リングの外でも、ベトナム戦争への反対や、人種差別、信仰の自由をめぐる発言で注目を集め、20世紀のアメリカ社会を代表する一人でもありました。

 

 

1042年、カシアス・クレイとして米ケンタッキー州ルイビルで生まれ、12歳からボクシングを始め、60年のローマオリンピックで、ライトヘビー級の金メダルを獲得しましたが、自伝によりますと、米国の帰国後に黒人であることを理由にレストランでの食事を拒否され、金メダルを川に投げ捨てたということです。

 

 

プロへ転向後の64年にヘビー級王者に挑戦し、前評判では不利とされていましたが『蝶のように舞い蜂のように制す』と云う言葉通りにソニー・リンストンを破り、世界王者となったのです。

 

 

同じ頃に、黒人指導者のマルコムXらの影響を受けてイスラム教に改宗し、名前をモハメド・アリに改めました。

 

 

いくつになっても女性らしく生きる。エクオールを補給した美しい女性
【エクオール補給サプリ noi エクオール ガニアシ】

 

 

 

プロとして無敗のままだった67年に信仰ベトナム戦争への反対を理由に米軍への入隊を拒否したため、王座を剥奪されましたが、『私とベトコンの間に争いはない』との言葉が有名になるなど、米世論に大きな影響を与えたのです。

 

 

70年にライセンスを再び取得してリングに復帰し、74年に当時無敗だった『ジョージ・フォアマン』に勝利し、7年ぶりに王座に返り咲いたのです。

 

 

76年6月26日には、日本武道館で、伝説と謳われる『格闘技世界一決定戦』を、アントニオ猪木選手と対戦を行いました。

 

アントニオ猪木

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

参考写真であり本文との関連性はありません

 

 

 

78年にはレオン・スピンクスに敗れはしたものの、同年の再対決で勝利し、3度目の王者に輝いたのです。

 

 

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

 

81年の引退後は人道て活動に力を入れ、国連の『平和大使』にも任命されましたが、『パーキンソン病』を発症し、次第に活躍が難しくなりました。

 

 

96年のアトランタ・オリンピックででは、病気の影響で手が震えながらも聖火点灯の対訳を果たしたのです。

 

 

アントニオ猪木氏は、6月26日を『世界格闘技の日』に制定したと、5月16日に発表したばかり、惜しくも日本武道館での試合から今年で40年、格闘技界から大きな巨星が一つ旅立ったのです。

 

合唱

 

 

 

 

 

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!【カラーミーショップ 】

 
1100円からお試し!女性のサプリ、PMSサポートがリニューアル!
毎月訪れる女性特有の心と体の悩みに、チェストベリーサプリメント【女性のサプリ noi Lサポート 静】税抜1100円

 

<PR DMM見放題chライト>