スポンサーリンク

 

吉川市長、子供の健康第一に調整を指示、『遺憾に思う』とのコメントも

 

埼玉県吉川市の小中学校の校医16人のうち10人が、一身上の理由で3月末までに辞任したことについて、中原恵人市長は、5月27日の定例記者会見で、「この1年、医師会とも例年に変わるような形で変更したことはない。校医が辞めたのは遺憾に思っている。子供たちの健康、安全第一を一番に考え、6月30日までにきちんと健康診断を終えられるように調整している』とのコメントを出しました。

 

 

健康診断

参考写真であり本文との関連性はありません

 

 

 

 

この中で、中原市長は、『校医一人ひとりの負荷はかなり大きくなっている』との懸念を示したのです。

 

 

市教育委員会の篠田好充教育部長は、『6人の先生にお願いしているので、検診が滞っていることはない』と述べ、子供たちへの影響はない、としています。

 

 

また、市の介護認定審査会でも、審査会の委員だった医師8人のうち5人が、3月末までに辞任していることについて、鈴木昇健康副支部長は『すぐに審査しているので遅れはない』と述べ、市民に影響は出ていないとの見解を示しました。

 

 

 

いくつになっても女性らしく生きる。エクオールを補給した美しい女性
⇒【エクオール補給サプリ noi エクオール ガニアシ】⇐

 

 

 

 

市の話によりますと、3月末に同医師会の担当者が市教育委員会を訪れ、校医10人の『解任届け』を提出したというのです。

 

 

辞任の理由は『一身上の都合』としており、任期は2年で、昨年4月から来年3月までの予定だったということです。

 

 

市教委は毎年度当初の4~6月に市内の11の小中学校で健康診断を行っており、残った医師6人の協力で日程を調整、全ての学校の児童・生徒が6月末までに健康診断を終了することが出来るよう日程を来見直したそうです。

 

 

 

 

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!⇒【カラーミーショップ】⇐

 

 

 

 

校内の健康診断については、学校保健安全法規則に定められており、6月末までに置こうなうとされているとのことで、吉川市では例年、6月上旬までに終わるというのです。

 

 

5月上旬に予定していた小学校は、健康診断を行わないまま、5月末に運動会を予定していました。

 

 

関係者は、『健康診断しないまま、児童に何か起きたらどうなるのか』と、懸念しているそうです。

 

 

 

 

女性のサプリ、PMSサポートがリニューアル!
毎月訪れる女性特有の心と体の悩みに、チェストベリーサプリメント⇒【女性のサプリ noi Lサポート 静】⇐

 

 

 

 

市内小学校の男性校長は、『児童の健康診断で、当初予定していた5月にできない日があった。

市教委から「お医者様の都合が悪くなった」と学校に連絡があった。

別の日程を設けてもらったため、何かのトラブルになったということはない」と話しています。

 

 

吉川市は内規に沿って、同医師会の推薦を受け、小学校8校、中学校3校の計11校で兼務を含め16人の校医を専任していました。

 

 

同医師会は「解任届け」を提出して、複数の校医が辞任した事実を認めた上で、『6月末までに健康診断を終わらすために全力を尽くす』とのコメントを出したのです。

 

 

関係者は『異常事態。医師会は事情をを抱えていると思うが、市民の健康福祉が犠牲になるのはおかしい。医師会は何を考えているのか』と訴えています。

 

 

また、別の関係者は『医師会は問題があるならはっきりというべきだ。この問題を多くの人に知ってほしい』と指摘しています。

 

 

 

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー⇒ 『ヘテムル』⇐

スポンサーリンク