スポンサーリンク

 

誤嚥性肺炎増える、長期化する避難生活と口腔ケアが原因か?

 

 

 

 

熊本地震後、熊本県内の災害拠点病院になっている国立病院機構熊本医療センター(熊本市中央区)で、肺炎による入院患者が数年目と比べて倍増していることが分かりました。

 

誤嚥性肺炎

 

 

 

熊本赤十字病院(同市東区)でも、2割近く増加しているとか、地震による関連死疑い20人のうち、熊本県外に転院後に死亡した男性(87)は、誤嚥性肺炎だったことが確認されたのです。

 

 

避難生活が長期化する中、歯磨きなどの口の中のケアが不十分になると、特に高齢者は口の中の細菌が期間に入って引き起こす『誤嚥性肺炎の危険性が高まる』とされ、専門家は注意を呼びかけています。

 

 

 

1100円からお試し!女性のサプリ、PMSサポートがリニューアル!
毎月訪れる女性特有の心と体の悩みに、チェストベリーサプリメント⇒【女性のサプリ noi Lサポート 静】⇐税抜1100円

 

 

 

 

熊本医療センターには、4月14~30日までに28人が入院し、前年同期(14人)に比べ2倍に上がりました。

 

 

震災関連死かどうかは不明だということですが、うち3人が死亡していたのです。

 

 

週ごとに集計している熊本赤十字病院は、4月17~30日間の入院患者は64人で、前年同期(39人)より約18%ぞうとなりましたが、死者は居なかったということです。

 

 

熊本医療センターの入院患者28人のうち、27人が65歳以上となり、熊本赤十字病院は『集計できていないが高齢者が多い印象』と、云うことです。

 

 

 

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!
ホームページつくるならレンタルサーバー ⇒『ヘテムル』⇐

 

 

 

 

通常、肺炎を発症する人は冬場に多いとされていますが、『この時期に増えている。避難生活を続ける中で口腔(こうくう)ケアが十分に出来ず、体力や抵抗力が低下した高齢者が誤嚥性肺炎を起こしている可能性がある』と、見らています。

 

 

済生会熊本病院(熊本市南区)や阿蘇医療センター(熊本県阿蘇市)、矢部広域病院(同県山都町)は、『肺炎は増えているという印象はない』等と話しています。

 

 

神戸常盤大学短期大学部の安達亮平教授(口腔保健学)によりますと、阪神大震災の関連死921人のうち約24%が肺炎を占め、其の多くが誤嚥性肺炎とみられるというのです。

 

 

東日本大震災でも危険性が指摘されました。

 

 

足立教授は『誤嚥性肺炎は、重症化すれば死を招く恐れが有るが、継続的な保健指導と啓発で命を守ることも出来る』とケアの重要性を訴えています。

 

 

 

いくつになっても女性らしく生きる。エクオールを補給した美しい女性
⇒【エクオール補給サプリ noi エクオール ガニアシ】⇐

 

 

 

 

誤嚥性肺炎は、食べ物や唾液などが誤って食道ではなく気管に入り、肺に流れ込んだ細菌が繁殖することで起こる肺炎を指します。

 

 

高齢者や脳梗塞の後遺症がある患者など、飲食物を飲み込む嚥下(えんげ)機能が衰えている人に起こりやすいと言われおり、誤嚥による肺炎を繰り返しますと、抗生物質が効きにくくなるため、治療が困難となり、死に至るケースも少なくないのです。

 

 

其のため、口腔内を清潔に保つ、食べ物をゆっくりよく噛んで飲み込む、食事にとろみをつける等といった予防が重要とされているのです。

 

 

 

 
ショッピングカートASP業界でNo.1の店舗数 カラーミーショップ