スポンサーリンク

リオ五輪、延期もしくは別の場所で開催を要求、IOCは変更中止の計画はなし」

 

 

 

ジカ熱の流行拡大を受けて、著名な医師や大学教授100人余が27日、ブラジル・リオデジャネイロで開催される夏季五輪を延期するよう公開書簡で世界保健機関(WHO)に求めたというのです。

 

 

リオ五輪

 

 

 

公衆衛生の観点から、五輪を延期もしくは別の場所で開催するべきだとしているのです。

 

 

公開書簡は、WHOのマーガレット・チャン事務局長に宛てられたもので、医師らはこの中で、リオ五輪は『大きすぎて潰せない』状態に有り、開催が避けられない状況になっていると指摘しています。

 

 

しかし、世界の公衆衛生上の懸念のほうが大きく、ブラジルで広がるジカウィルスが『科学的に前例がない』形で健康に影響を及ぼしていること等から、あえて延期を要請したとしているのです。

 

 

書簡ではまた、ジカウィルスについて、『これまで知られてきたよりも深刻な医学的影響』を及ぼしていると指摘し、対策が打たれているにも関わらず、リオ一帯での状況はむしろ悪化しているとして、こうした中『リスクを冒すのは非論理的だ』と述べています。

 

 

ジカ熱やリオ五輪について、WHOが証拠に基づいた評価を改めて行うのが必須だとしているのです。

 

 

いくつになっても女性らしく生きる。エクオールを補給した美しい女性
⇒【エクオール補給サプリ noi エクオール ガニアシ】

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

 

 

 

リオ五輪をめぐってはこの数ヶ月、延期などを求める声が幾度か上がっていたとの事ですが、今回の書簡には、日本や米国などから多数の医師や大学教授、生命倫理学者らが署名しており、これまでの延期要請とは一線を画す規模となっていると云うことです。

 

 

WHOはこれに対して、『現在の評価に基づくと、リオ五輪の中止や場所の変更が国際的なジカウィルスの伝播を大きく変えるわけではない』との声明を発表しました。

 

 

ブラジルは、蚊によるジカウィルスの感染拡大が続いている世界約60カ国の一つだとして、『人々はこれらの国や地域で様々な理由から移動を続けている。病気のリスクを減らす最良の方法は、旅行中の公衆衛生のアドバイスに従うことだ』と述べています。

 

 

アメリカ疾病祭作センター(CDC)のトム・フリーデン所長も26日『リオ五輪を中止したり延期する公衆衛生上の根拠はない』との見解をしめしたのです。

 

 

 

 

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!⇒【 カラーミーショップ

 

 

 

 

CDCは現在、ウィルス感染が進む地域への渡航自粛を妊婦に勧告している他、ウィルスに感染している男性に対して、パートナーが妊娠している場合は性行為時にコンドームを使用するよう促しています。

 

 

ただ、フリーデン所長は27日、今回の書簡が公表されたことを受け、、必要があればCDCの通達を修正するとの声明も発表したのです。

 

 

国際オリンピック委員会(IOC)は、リオ五輪の中止または延期する計画はないとのコメントを出しています。

 

 

 

 

レンタルサーバー ⇒【ヘテムル】⇐ なら、独自ドメイン【無制限】、データベース【100個まで】を追加費用無料で設定できます。
しかも、サーバー容量は余裕の 256GB!1 つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。

 

 

スポンサーリンク