スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 肉フェス、各地で起きる食中毒騒動で分かった『鶏生食』の恐ろしさ | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

伝染病, 大人の病気, 自然

肉フェス、各地で起きる食中毒騒動で分かった『鶏生食』の恐ろしさ

スポンサーリンク

カンピロバクター腸炎の原因の殆どが、『生、もしくは加熱不十分の鶏肉』

最近、町おこしなどで各地で行われている肉フェステイバル、それに合わせて食中毒騒動も各地に起きているというのです。

肉フェス

何故こんなことになっているのでしょうか?確かに一時期の『鶏の常識?』は『鶏肉も鮮度が良ければ、生で食べられる』と言われていましたが、”00年代に入っても其の間違った常識は一部で生きていたのです。

『たった一度の食あたりが生命を左右しかねい』、それが鳥刺しで、国内のカンピロバクター食中毒の原因は『不明』を除けば『生・もしくは加熱不足の鶏肉』がほとんどなのです。

 

実はカンピロバクター食中毒は、国内において最も多い食中毒と言われ厚生労働省のデータでは2014年の食中毒発生状況を見ると、カンピロバクター306件(患者数1893人)、ノロウィルス293件(10506人)となっています。

年によって多少の前後は有りますが、此処十数年、カンピロバクターはノロウィルスと並んで、最も多く食中毒を出している原因菌なのです。

 

そしてカンピロバクターは、指定難病である『ギラン・バレー症候群』との関わりが証明されている唯一の食中毒菌でも有ります。

スポンサーリンク


 

カンピロバクターからギランバレー症候群に至る流れとは?

菌に汚染された食べ物から食中毒を発症して腹を下す(潜伏期案は2~7日)、下痢自体は数日で治まりますが、回復後数日(感染から1~2週間)でギラン・バレーの症状が発現すると言われています。

両手足の筋力が低下し、四肢に力が入らなくなり、感覚障害が加わるケースも有るとのことで、重症になると神経障害に至り、呼吸不全を起こし死亡した例も有るというのです。

 

イギリスでは、発症1年後の時点でも約4割の患者が歩行困難などの後遺症が残った、というデータが有るということです。

2014年、国内で市販の鶏肉におけるカンピロバクターの汚染率を調査した論文が発表されました。

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

 

其の結果、サンプルとなった国産鶏肉の実に61%が、カンピロバクターに汚染されていた事がわかりました。

海外では、ギラン・バレーの罹患率は、人口10万人あたり、1~2人とされていますが、国内では年間千数百人がギラン・バレー症候群に罹患し、其のうち約30%がカンピロバクター由来だと言われているのです。

 

無縁でいられたはずのギラン・バレー症候群も、ひとたび鶏肉を生食した瞬間、リスクが格段に上がるのです。

そもそもカンピロバクターは、牛・豚・羊・野鳥及び鶏など家禽類の腸管内に広く常在菌として保菌されているもので、鶏の場合、丸鶏から内臓を抜くとき、内臓を傷つけたりすると身肉が汚染されてしまうのです。

 

現代では外食は日常的なものになりつつ有りますが、食中毒が発覚すれば、医師には保健所への報告義務が発生するわけで、誰もがSNSなどの拡散ツールを手にしたことで、人の口に戸は建てられなくなりました。

2008年度から、3年計画で(1)生食用鶏肉の成分規格目標・加工基準目標の策定、(29生食用鶏肉のの食中毒原因菌汚染実態調査の実施、(3)食鳥肉取扱業者糖に対する衛生講習会の実施を行いましたが、カンピロバクターの汚染率は食肉販売店で45%、飲食店で28%という結果が出ています。

 

大量生産の現場では、生産者⇒解体場⇒精肉店⇒飲食店まで、どの段階で汚染が起きてもおかしくないことが分かりました。

『知らなかった』では済まされないことも有るということを知るべきではないでしょうか。

 

お得な情報

正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】



【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!まずはシミュレーションから

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください