スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 『C型肝炎治療薬』1錠8万円の薬が安い訳とは? | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

iPS細胞, 伝染病, 生活習慣病

『C型肝炎治療薬』1錠8万円の薬が安い訳とは?

スポンサーリンク

 

1日1回3ヶ月、合計薬剤費670万円以上にも、それでも安い

 

 

去年9月に発売された薬が、大きな話題となりましたが、名前は『ハーボニー配合錠』というもので、驚きは其の価格で1錠およそ8万円にも、1日1回3ヶ月飲むので、合計の薬剤費は670万円以上(4月に現在は1錠5万5千円程度=495万円)にも及ぶというのです。

 

 

ハーボニー配合錠

 

 

 

 

高級な新車が変えてしまうほどの価格ですが、実はこの薬、『安い』と指摘する意見も有るのだというのです。

 

 

マルチドメイン、マルチデータベース、共有 SSL など多彩な機能と256GBの大容量なサーバー環境が月額1,000円(税抜)~!ホームページつくるならレンタルサーバー 『ヘテムル』

 

 

 

画期的な新薬

 

この薬は、C型肝炎という病気の治療に使われるもので、C型肝炎は肝臓に『C型肝炎ウィルス』が感染することで引き起こされます。

 

 

肝臓で炎症が起きやすくなり、肝臓の機能が大ろ得たり(肝硬変)、ガンができてしまうリスクが高くなると言われているのです。

 

 

年間3万人近くが亡くなる肝臓がんの原因の80%がC型肝炎ウィルスとされており、感染者は国内に約110万~125万人いると考えられています。

 

C型肝炎

スポンサーリンク

 

 

 

これまで、一度住み着いたC型肝炎ウィルスを追い出す方法が様々検討されてきたのですが、一部の患者さんにしか効果がでなかったり、副作用が大きかったりなどの問題も多く、治療が難航するケースも少なくありませんでした。

 

 

ところが今回は販売されたハーボニー配合錠は、新たな技術によってC型肝炎ウィルスの増殖を食い止めることに成功したのです。

 

 

過去の試験では『全て』の患者さんに明確な効果が確認されたという、驚異的な成果を挙げたのです。

 

 

 

ワン・クリックで登録完了!いますぐ憧れのショップオーナーに!⇒【 カラーミーショップ

 

 

 

 

ハーボニー配合錠の費用対効果

 

 

非常に高額な薬ですが、必要な患者さんには公費により医療費が助成されるため、自己負担は月額1~2万円程度で済むのです。

 

 

とはいえ、1錠8万円以上てどうなんでしょう?大部分の医療費は助成されるとしても、其の大本のお金は私たち一人一人が負担している保険料や税金です。

 

 

医薬品の開発には莫大な費用が掛かり、それを考えるとこの値段にせざる得ない・・・・ということですが、庶民感覚では、流石に高すぎる気もします。

 

 

このハーボニー配合錠は『これまでのC型肝炎の治療は、長期間でしかも副作用が大きく、患者さんが途中で治療を断念するケースも少なからず有りました。

 

 

一方、ハーボニーは、比較的短期間で治療を完了するkとが出来るため、多くの患者さんが治療を求めるようになるでしょう。

 

 

其の結果、ウィルスも持つ患者さんが減れば、新たな感染者が出るリスクを減らせると云う意味で、社会全体の利益になる』と云うのです。

 

 

 

確かに『価格』だけを見ると高いように見えても、患者さん及び社会全体に与える『価値』からすれば安いものなのです。

 

 

いわゆる『費用対効果』を考えて検討する取り組みが進んでいるのです。

 

 

 

yahooニュース(市川衛氏)より一部抜粋

 

 

 

 

 

愛犬の元気と健康を願うすべての皆様に⇒ワンLIFEサプリメント

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください