スポンサーリンク

 

LGBT=性的マイノリティー、イジメのターゲットに

 

 

レズビアンやゲイなどLGBT=性的マイノリティーに対する日本の学校でのいじめの実態について、国際人権団体が、初めての調査結果を公表しました。

 

 

日本では、LGBTの子供はイジメのターゲットになりやすいと指摘してます。

ある少年は、少年の思いでは悲しいものだったとか、『いじめの話を誰にもできなくて、泣きながら歩き、小学校の帽子で顔を隠しながら歩いて帰ったことも有る』と話しています。

 

 

少年はゲイとのことで、物心ついた頃から、男性が男性を好きになるのは『当たり前』だと思っていたそうです。

 

 

同級生から殴られたり蹴られたり、と云うイジメを毎日のように受けましたが、小学2年生の頃からはこう言われるようになったそうです。

 

 

「オカマ」とか「ホモ」とか、「あっち系でしょう、触らないで」、「私もゲイになる」とか等という言葉がたくさんあって本当に何も出来なかった』

 

 

学校では我慢し続けたそうですが、笑顔は消え、イジメから逃れるため、4年生の時に転校を余儀無くされ、今は都内のインターナショナルスクールに通っているそうです。

 

 

モニター98%実感!植物にこだわったプラセンタサプリ
イライラが和らぎ、肌に透明感!美容ライター絶賛サプリ”

<PR DMM見放題chライト>

 

 

 

LGBT=性的マイノリティーに対する日本の学校でのイジメ実態について、国際人権団体『ヒューマン・ライツ・ウォッチ』が初めての調査を行い、報告書を公表したのです。

 

 

その結果、LGBTの生徒や学生らおよそ500人のうち、31%が『自分が暴言を吐かれた経験がある』、29%が『教師が暴言、否定的な発言をしているのを聞いた』と回答しています。

 

 

報告書は、日本の学校では『LGBTの子供がイジメのターゲットになりやすい』と指摘したのです。

 

 

『日本の子どもたちは、生に対する固定観念に合わせるよう強いられていると感じている。教員にLGBTについて含む正しい情報を与えることが重要』とヒューマン・ライツ・ウォッチLGBTの権利プログラムカイル・ナイト調査員は話しています。

 

 

動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーはまずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

 

 

文部科学省は昨年、全国の教育委員会などにLGBTの子供へきめ細かな対応を求める通知を出し先月には、教職員向けのパンフレットも作成したのです。

 

 

しかし、報告書では、日本の学校は、LGBTの子供をイジメから保護できていないと厳しく指摘しています。

 

 

前述の少年の場合も、教師は見て見ぬふりだったといいます。

 

 

 

『先生達ももちろん聞いているのに何もしない。怒る気持ちより、凄く悲しい気持ち、人ってこんなに怖いもんだ。もし先生や友達が僕の話を聞いてくれた人が当時いれば全く違ったと思います』と当時を振り返って話してくれたのです。

 

 

今週末にはLGBTのNPO法人が多様な生き方を認める社会を求めて、国内最大規模のパレード行うことにしているとのことです。

 

 

 

定期購入機能でオンラインショップの売上倍増
スマートフォンでの売上が急増中のオンラインストア。まずは無料でお試しください

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>