スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら デング熱やジカ熱媒介の蚊、5月から活発に活動 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

伝染病, 脳疾患, 自然

デング熱やジカ熱媒介の蚊、5月から活発に活動

スポンサーリンク

 

感染研が媒介するヒトスジシマカの活動時期を推定

 

ジカウィルス感染症(ジカ熱)やデング熱のウィルスを媒介するヒトスジシマカが、日本で活動を始める時期を国立感染症研究所(感染研)などのチームが推定しました。

 

 

感染研昆虫医科学部の駒形修・主任研究官と小林睦生・名誉署員らは、2008年~15年に国内各地で蚊が採集された日と、平均気温の関係を分析し、今年3月の平均気温を基に今年の蚊の活動開始日を推定したというのです。

 

蚊の発生

 

それらによりますと、熊本市(5月5日)や大阪市(5月8日)、東京都新宿区(5月10日)など、九州から関東までの大半の地域が5月前半だということです。

 

 

諸岡市は6月9日で球種と1ヶ月以上の差が有りますが、実際の活動開始とは2日ほど前後する可能性があるということです。

 

 

駒形さんは、『これまでは研究者らの経験や勘を元に予想していた。今回の空いて結果を蚊の対策に役立ててほしい』と話しています。

 

 

推定では1年を通じて蚊が活動する沖縄県や、蚊がいない青森県以北は対象外となっているそうです。

 

 

足汗用・制汗ミスト【足サラ】べたべたな足からおさらば!【足サラ】

スポンサーリンク

 

 

 

ジカ熱は発症について、ブラジルの保険当局は26日、今年1月からの3ヶ月間に、同国内で報告されたジカ熱の発症件数が9万1000件を超えたことを明らかにしています。

 

 

ジカ熱をめぐっては、小頭症との関連が指摘されており、妊婦への注意を促しています。

 

 

発表によりますと、1月3日~4月2日までの器官に、9万1387件のジカ熱発症が報告されており、より貧しい北東部では、同3万286件で、これまでに3人が死亡しているということです。

 

 

アメリカ疾病対策センターでは4月14日、ジカウィルス感染が小頭症の赤ちゃんが生まれる原意になると結論づけましたが、ブラジルでは小頭症や脳障害が疑われる子の出生が昨年10月から今年1月で、4000人を超えたのです。

 

 

ジカ熱をめぐっては、ウィルスの体内潜伏期間や性感染リスクの他、関連する疾患及び障害、ウィルスを伝搬する蚊の種類の把握など、分かっていることは極めて少ないのです。

 

 

ネットショップの開業ならカラーミーショップ
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

 

 

 

最近では、新生児の小頭症や、筋肉神経の麻痺や死亡の原因となるギラン・バレー症候群などの成人の神経障害の原因と断定されています。

 

 

日本国内では、2年前に蚊が媒介する感染症のデング熱患者が相次ぎましたが、今年はリオデジャネイロ五輪・パラリンピックの開催国のブラジルでジカ熱が流行しているため、国内感染者出るのではと危惧されているのです。

 

 

東京都などでは、ウィルスを運ぶかの発生を減らす対策を強めていますが、人の往来や温暖化が進む今の世界では、『蚊との戦い』に勝つのは容易では無い、ということです。

 

 

動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは⇒ ヘテムル
大容量256GB・月額1,000円(税抜)~!レンタルサーバー【ヘテムル】

 

 

 

関山整体、28年の実績!簡単1分間体操『ニークロス』で変形性膝関節症・老人性膝関節症の痛みから開放!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください