スポンサーリンク

 

 

避難所での感染署、東日本第い震災時では1週間後から増加傾向に

 

 

熊本地震の発生から1週間以上立ち、避難所では感染性胃腸炎やインフルエンザなどの流行が懸念されています。

 

 

熊本県南阿蘇村では23日、南阿蘇中学校に避難した25人が、ノロウィルスに集団感染した疑いが有ることが判明しました。

 

 

すでに熊本市内の避難所でも、感染が確認されているということで、体の不調があれば、早めに医師や看護師らに相談することが感染症の拡大防止につながると指摘しています。

 

感染症予防のための8箇条

 

 

 

東北大学の賀来満夫教授(感染制御学)によりますと、東日本大震災では発生1週間後から感染症の患者が増え始めたというのです。

 

 

 

大容量256GB・月額1,000円(税抜)~!レンタルサーバー【ヘテムル】
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー⇒HETEML

 

 

 

避難生活が長引くと、子どもや高齢者は体力が低下し、症状が重くなりやすいのだそうです。

 

 

胃腸炎を起こすノロウィルスは極めて感染力が強く、ウィルスを吸い込んだり、付着した食べ物を口にしたりして感染します。

 

 

症状は下痢や嘔吐などで、通常は1~2日で収まりますが、高齢者は嘔吐物を喉につまらせたり、肺に吸い込んだ肺炎を起こしたりする恐れが有るということで、脱水症状を防ぐためにも水分補給が欠かせないということです。

 

 

患者の嘔吐物や糞便の処理は、マスクや手袋、エプロンを着用し、新聞紙などで包みとり、ビニール袋に密閉して捨てるようにします。

 

 

汚れた床は、漂白剤を100倍に薄めたもので拭き取ることも大切です。

 

 

 

 

ネットショップの開業ならカラーミーショップ
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

 

 

 

予防の基本は食事前やトイレの後の石鹸の手洗いが重要ですが、水が使えない場合は、ウェットテイッシュなどで趣旨を丁寧に拭くとよいそうです。

 

感染症予防のための8箇条2

 

 

 

調理器具や食器、付近を洗う際には、漂白剤での消毒や85度以上の熱湯に1分以上つけることも有効だということです。

 

 

風やインフルエンザは周囲に広げないように、咳やくしゃみが出るときは口を腕で覆ったり、マスクを着用したりすることが大切です。

 

 

高齢者は、不調を我慢しがちなのに加えて、明らかな症状が出ないこともあり、周囲の見守りも大切だと注意を促しています。

 

 

 

 

母の日や父の日への贈り物【お花ソムリエ】
プリザーブドフラワーの通販サイト「お花ソムリエ」

 

 

関山整体、28年の実績!肩こり簡単セルフ整体で肩がスッキリ