スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 『猫カフェ』、初の業務停止命令処分に、6畳に62匹も適正管理怠る | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

伝染病, 自然

『猫カフェ』、初の業務停止命令処分に、6畳に62匹も適正管理怠る

スポンサーリンク

 

 

『劣悪環境・病気蔓延』で猫カフェに業務停止命令

 

 

猫ブーム到来と騒がれている中、猫と触れ合いながら飲食ができる猫カフェで、猫の適正管理を怠り、不衛生な環境で飼育していたとして、東京は21日に動物愛護法に基づき、東京都墨田区の猫カフェ『ねこのて』に対して、30日間の業務停止を命じました。

 

 

約6畳のスペースに、最大頭数で62匹が飼われ、7割は風を引いていたということで、猫カフェへの業務停止処分は全国初ということです。

 

 

都によりますと、同店は2010年6月にマンションの一室に開業し、基本料金は1時間1800円からで、猫を抱いたり食事が出来たりするというのです。

 

 

 

製薬会社の咲水スキンケアジェル
4つのセラミドでお肌のバリア機能を強化!咲水スキンケアジェル

 

 

 

 

昨年7月以降、近隣住民や利用者から、『汚い』、『臭い』といった苦情が寄せられるようになりとが12月に立入検査をしていたのです。

 

 

検査では、オス猫を去勢せずにメス猫と室内で飼育していたため、昨年6月の営業登録更新時に10匹だった猫が半年で62匹に繁殖したいたことが判明したのです。

 

 

店内ではフンが落ちているなどの不衛生な状態だったということで、とは今年2月に改善命令を出していましたが、風邪を引いている猫を獣医師に診せていないなど、管理が不十分だと判断したということです。

 

 

都によりますと、昨年12がうに同店に立ち入りした際、約30平方メートルの狭い店内で、マンチカンやスコティッシュホールドなどの猫62匹を飼育し、病気が蔓延、うち44匹が鼻風邪に罹患していました。

 

 

 

 

カラーミーショップならFacebook内にも無料で出店可能。
スマートフォンでの売上が急増中のオンラインストア。まずは無料でお試しください

スポンサーリンク

 

 

 

 

同店は女性店長とアルバイトの2人で運営されていたということで、清掃などが十分でなかった上、店内で放し飼いでいたために異常繁殖し、昨年6月に10匹だったのが半年程度で約6倍に増えていたのです。

 

 

この他、別の施設で15匹を飼っていたということですが、こちらはケージに入れたままで運動をさせていなかったということです。

 

 

昨年11月頃から、利用者から『猫の状態が悪い』、『汚い』、『臭い』などの苦情が相次ぎ、12月に立ち入り調査、改善命令を出しtが従わなかったということです。

 

 

4月21日付で1ヶ月間の営業停止を言い渡されましたが、それまでいた62匹のうち52匹は売ったという報告が都に有ったそうです。

 

 

 

 

大容量256GB・月額1,000円(税抜)~!レンタルサーバー【ヘテムル】
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー⇒HETEML

 

 

 

 

関山整体、28年の実績!簡単セルフ整体でつらい肩こりがスッキリ

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください