スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 気楽な一人飲み、アルコール依存症になりリスクが高い? | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

気楽な一人飲み、アルコール依存症になりリスクが高い?

スポンサーリンク

気楽で気ままな一人飲みですが、依存症の傾向に

 

仲間同士で飲むお酒は、ストレス解消にもなり楽しいものですが、しかしその一方で、誰とも話さずに一人で黙々と飲むお酒は習慣化しやすく、次第に飲酒量も増える傾向に有るというのです。

そんなアナタは普段、どんな飲み方をしていますか?

誰でもストレスが溜まった時には、『飲まずに入られない』という気分になるものですが、仲間同士で楽しく飲むことは、ストレス解消には有効といえるかも知れません。

しかし、語る相手もなく、孤独な飲酒を続けいている人は要注意だとか、アルコール依存症になるリスクが高いことが指摘されていると云うのです。

 

 

お得な情報
多彩なフレーバーが楽しめる!リキッドだけでなく、蒸気成分の分析も実施!安心にこだわった本命べイプがついに登場!


 

アルコールには不安や緊張を和らげ、、一時的に気分を高揚させる働きが有りますが、依存を引き起こしやすい危険性が有るのです。

 

習慣的に飲酒をしていると、アルコールに対して次第に耐性が出来、量が増えていく傾向に有るそうです。

嫌なことを忘れたい、疲れやストレスを麻痺させたい、眠るため、などといった理由で、一人飲みが収監していませんか?飲みつぶれるまで飲むことは危険で、これを繰り返していると、飲んでいいない状態よりも酔っていたほうが楽で心地よくなってくると言われているのです。

 

 

このような精神的依存にとどまらず、身体が常にアルコールを必要とする身体的な依存に発展すると、お酒を飲んでいないと落ち着かない状態になっていくそうです。

スポンサーリンク

 

やがて、手が震える発汗イライラ感などの離脱症状も見られるように、そしてこの離脱症状に耐えられず、更にお酒を飲んでしまうようになり、常によっていう状態なので日常生活のリズムが失われ仕事や人間関係、家庭生活などを維持することが困難になっていってしまうのです。

 

 

最近は女性も飲酒の機会が増えているということで、それに比例して女性のアルコール依存症も増加傾向に有るとか、女性は男性と異なり、アルコールを分解する力が弱いため、男性よりも短期間で依存症になりやすいのだそうです。

 

 

アルコール依存症に陥る前に、まずは普段の飲み方を振り返ってみることが大事で、飲酒のコントロールができていますか、毎日飲酒している人は飲まない日を作ることです。

また、アルコールに変わるストレス解消法をいつけることも大切だとか、心配であれば、早めに医療機関や支援団体に相談しましょう。

 

 

お得な情報
多彩なフレーバーが楽しめる!リキッドだけでなく、蒸気成分の分析も実施!安心にこだわった本命べイプがついに登場!

何処でもいつでも肝臓エキス!ビジネスマンの味方♪通販限定のヘパリーゼ粒タイプ!

べたべたからおさらば!さらさらな体へ、多汗症・汗のお悩み解決サプリ【アセカラット】

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください