スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 認知症予防効果に結核治療薬が『マウス実験で確認』 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

高齢者問題

認知症予防効果に結核治療薬が『マウス実験で確認』

スポンサーリンク

 

 

 

大阪市大、結核治療薬に認知症予防効果が有ることを、マウス実験で確認

 

 

結核やハンセン病などの治療薬として長年使われている抗生物質『リファンピシン』に、認知症を予防する作用があると、大阪市立台の富山貴美准教授らの研究グループが発表しました。

 

 

マウスの実験で、記憶障害が改善したということで、論文は29日、英学術誌ブレイン(電子版)に掲載されたということです。

 

 

富山准教授は『安価で比較的副作用が少なく、内服が可能。治験を経て予防薬開発に繋がる可能性がある』と話しています。

 

 

同研究グループは、アルツハイマー型と前頭側頭型認知症のマウスを使い、記憶力や認知症の原因タンパク質とされる『オリゴマー』の数値などを調べました。

 

 

1ヶ月間リファンピシンを服用したマウスは、服用しなかったマウスに比べて記憶力が良く、異常なオリゴマーが抑制されていたということです。

 

 

 



 

 

 

 

結核やハンセン病の治療薬として使われる抗生物質の『リファンピシン』、富山准教授らはマウスを円形プール(直径約1メートル、推進約30センチ)で泳がせ、足場に到着するまでの時間を測る実験を行ったのです。

 

 

リファンピシンを与えたアルツハイマー病のマウスは周囲の風景を記憶して、5日目の実験で、健康なマウスとほぼ同じ20秒程度で相葉にたどり着くこよが出来たというのです。

 

 

一方、与えなかった同病のマウスは倍近くの時間がかかったのです。

 

 

富山准教授らは、ハンセン病患者に認知症が少ないことに着目し、アルツハイマー病などの『変性性認知症』は特殊なタンパク質が脳内で集まることによって発症するとされていますが。富山准教授らは、リファンピシンがタンパク質の凝集を抑える働きがあることを解明していたという事です。

 

 

人では既に発症した患者に投与しても進行を止めることは出来ないが、タンパク質の凝集が始まってから認知症が発症するまで約20年掛かるため、この間に投与すれば発症を抑えられる可能性があるということです。

 

 

 

 



 

 

 

 


 

★ 『REALWORLD』のご紹介 ★
『REALWORLD』は生活に役立つサービスや、暮らしの知恵になる情報を発信!
あなたの生活を豊かにするお手伝いをするサイトです!

★ REALWORLDでできること ★
◆1. お買い物・会員登録などで、リアルを貯める!
◆2. 貯めたリアルを、楽天スーパーポイントなどに交換可能!

★ いつものお買い物が2倍お得になる! ★
普段使っているショッピングサイトをREALWORLDから利用するだけで、
リアルが貯まります!リアルとショッピングサイトのポイントが
Wで貯まるから、いつものお買い物が2倍お得に!
欲しいものはREALWORLDで探さないとソン!

★暮らしに役立つ商品や情報がいっぱい! ★
◆ピックアップ.  話題の商品やおすすめ商品を厳選してご紹介
◆レコメンド特集. 暮らしに役立つコラムを配信

ほしい商品や情報がきっと見つかるはず
まずは無料登録してREALWORLDの楽しさを体験!

↓↓ここから登録するだけですぐ使えます↓↓

 


 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください