スポンサーリンク

 

出産間近のタレント釈由美子さん、全身に痒みで悩まされている

 

第一子出産を控えたタレントで女優の・釈由美子さんが、妊娠性皮膚掻痒(そうよう)症に悩まされているということを、ブログで明かしたのです。

 

釈由美子

 

妊娠中はホルモンバランスが変化することから、様々な肌トラブルが起こると言われており、妊娠中期から後期にかけて全身に強い痒みの起こる症状が妊娠性皮膚掻痒症と呼ばれているのです。

 

釈さんは26日、『最近、上半身の猛烈なかゆみに襲われてまいってます!。はじめは感想が原因のかゆみだと思ってこまめにボディークリームを塗っていたのですが、塗っても塗っても痒みは収まらず。。。。』とブログで訴えたのです。

もともとは乾燥肌に悩まされていたが、今回は症状があまりにひどく、調べたところ『妊娠性皮膚掻痒』と判明したというのです。

 

最初の症状は、『お腹が痒くて、そのうち、胸も痒くなって我慢できなくなり、ついつい掻いてしまうと肩や背中までの痒みが全身に広がるのです!』と、自分では痒みを我慢する事が難しかったことを伝えたのです。

寝ている間に無意識にポリポリとかきむしってしまい、朝目覚めると『胸や背中が引っかき傷で血が滲んでいることも』、有ったということです。

 

これではと思い、産婦人科に相談し、妊婦用の痒み止めの塗り薬を処方してもらい、、爪を短く切り、手袋をはめて寝るなど対応策を練ったそうで、『出産したら、嘘みたいにこの痒みも治ってくれるらしいので、後もう少しの心房ですね!』と、痒みから開放される日を、ベビーの誕生を待ちわびているとのことです。


妊娠性皮膚掻痒とは

妊婦さんの肌トラブルの一つに上げられ、、とにかく痒くてたまらないのに発疹などは見られないという方は妊娠性皮膚掻痒症状かもしれません。

スポンサーリンク

参考写真であり本文との関連性はありません

 

特徴としては、全身にムズムズしたりあるいはチクチクと刺されるような、とにかくただ強いかゆみを伴うと、しかしながら妊婦さんの全身状態は良好で、皮膚表面に発疹などは現れず、特別な病変は特にないという事です。

 

分娩から24時間以内にかゆみが収まるケースが殆んどですが、痒みに耐え切れず掻きむしってしまうと、そこから二次的に発疹や苔癬化(一定範囲のぶつぶつ)、色素沈着などを生じる恐れが有るため、掻き壊さない事が大切なのです。

よく混同されるものに、『妊娠性痒疹』や『PUPPP』が有りますが、こちらは痒みだけではなく比較的広い範囲に湿疹が現れるので区別がつきやすく、妊婦さんの2~3%には、こういった何らかの痒みを伴う症状が現れると言われています。


原因は?

原因としては、特定の病気が潜んでいる場合も有り、注意が必要だとか、特定の病気とは慢性腎不全、肝疾患、糖尿病、悪性リンパ腫、精神疾患などが挙げられるそうです。

また、遺伝的要因が関係する場合も有るということです。

 

妊婦さんでは胎児への影響の懸念も有り、使用できる薬に制限は有りますが、かゆみを抑える薬は有ります。

痒みがどうしても我慢できないようであれば、医師に相談し薬を処方してもらうことが出来ますので、赤ちゃんが生まれれば、多くは痒みの症状も消失しますが無理に我慢するよりも、医師に相談しましょう。


おまとめするならユーファイナンスのビッグローン無理のない返済計画で完済へ!おまとめローン【ユーファイナンス】