スポンサーリンク
『HIV』熊大など研究班、細胞間感染の仕組み解明 | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

iPS細胞, 伝染病, 性同一性障害

『HIV』熊大など研究班、細胞間感染の仕組み解明

スポンサーリンク

 

HIV感染拡大するメカニズムを熊大などが解明、新薬開発に期待が

 

 

 

熊本大エイズ研究センター・国際先端医学研究拠点施設と理化学研究所などの研究班は、エイズ(後天性免疫不全症候群)の原因ウィルス(HIV)が細胞から細胞へと感染拡大するメカニズムを解明した、とする研究成果をまとめました。

 

 

HIVはCD4陽性細胞うとマクロファージという2種類の免疫細胞に潜り込んで増殖しながら、免疫細胞の破壊を繰り返すとされています。

 

 



 

 

 

 

マクロファージの場合、感染したマクロ細胞から別のマクロ細胞へ伸びる極小の管を通じて侵入を繰り返すルートと、感染したマクロ細胞の外に出て別のマクロ細胞に侵入するルートがあることは知られていたました。

 

 

 

研究班は、感染したマクロ細胞から極小の管が伸びる過程を分析したのです。

 

 

 

通常は、マクロ細胞内に均等な濃度で存在するタンパク質の一種が、HIVに感染するとマクロ細胞の上方に集まって高濃度になり、管の形成を促進する働きをしていることを確認したのです。

 

 

HIV感染ルートと解明

 

 

 

 

化合物約6800種類の中から、管の形成を阻害する化合物を見つけて投与すると、管を通じて感染は抑制できましたが、マクロ細胞の外からの感染は止められなかったということです。

 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

 

 

 

 

 

 

 

今回の研究の論文は米科学誌、「Journal of Immunology』電子版に1月16日付で掲載されたものです。

 

 

 

CD4陽性細胞においても極小の管を通じた感染ルートが有るとの報告があり、今回のマクロ細胞での研究成果がCD4細胞でも適用できる可能性があるというのです。

 

 

 

エイズ治療は、薬剤療法が発達し、発症をかなり抑えることが出来るようになりましたが、一方で、体内でHIVが変異して、治療薬に耐性を持つようになる『薬が効かないHIV』の出現が問題となっているのです。

 

 

 

研究班の熊本大エイズ学研究センターの鈴伸也教授によりますと現在の主な薬剤はHIVそのものを標的としているが、管形成を阻害する薬剤であれば、HIVの変異は起きない、と話しています。

 

 



 

 

 

 

鈴教授は、『今回の研究成果にもとづいて、新薬の開発ができれば、『薬が効かないHIV』の出現を懸念する必要がなくなる』意義を語っているのです。

 

 

但し『マクロ細胞の外からの感染ルートと、CD4細胞におけるHIV増殖については、更に研究が必要だ』と話しています。

 

 

さらにCD4細胞と、マクロ細胞の感染経路についても、『存在し得る』としており、こちらの研究も求められるとのことです。

 

西日本新聞より抜粋

 

 

 

 



 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén