スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら がん細胞に「目印』を付け集中攻撃をする、新手法を岡山大などが開発 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

iPS細胞, 生活習慣病

がん細胞に「目印』を付け集中攻撃をする、新手法を岡山大などが開発

スポンサーリンク

 

岡山大などなどの研究チームが『光感受性物質』での治療法を開発

 

 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の藤原俊義教授と、香川俊介准教授らの研究グループは、がん細胞に人工的な『目印』を付け、がん細胞だけを集中攻撃する治療法を開発したと発表しました。

 

 

 

近赤外線が当たると細胞を破壊する『光感受性物質』を目印の付いたがん細胞に運び、近赤外線を照射することでがん細胞を死滅させるというものです。

 

 

 

人の胃癌細胞を移植したマウスに同治療法を試した所、ガンが小さくなることを確認したとのことで、今後、臨床応用を目指すということです。

 

 

米国立がん研究所の小林久隆主任研究員らとの共同研究で、成果は、米科学誌モレキュラー・キャンサー・セラピューティクス電子版に掲載されたのです。

 

 

胃がんや乳がんの細胞では、『HER2]というタンパク質が異常に発現することがあり、HER2を標的(抗原)とした抗体医薬品が開発されています。

 

 

ですが、胃がんの場合、HER2の異常発現は症例全体の約2割に留まっていること等から、抗体薬を使えないことが多いのです。

 

 

 



 

スポンサーリンク

 

 

 

 

HER2は細胞表面に目印となる顔を出し、がん細胞を増殖する信号を送っているというのです。

 

 

 

研究グループはがん細胞を増殖させず、目印だけを出すように遺伝子改変したウィルスの製剤をマウスに投与し、HER2が発現していないがん細胞にも目印がつき、既存の抗体薬が送れたというのです。

 

 

 

光感受性物質がついた抗体薬をマウスに投与し、体外から近赤外線を当てる治療を実施したところ、治療したマウスは、1ヶ月後のガンの重さが治療しないマウスの半分に減り、寿命が2倍に伸びたということです

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

HER2は、がん細胞の膜の内側と外側に顔を出すように存在し、内側ではがん細胞を増殖するシグナルを送っていると云われています。

 

 

HER2を強制的に増やすと、膜の外側に『目印』がたくさんできる反面、癌細胞の増殖を促進させてしまい、かえって逆効果になってしまうのです。

 

 

 

 

今回の治療法は、癌細胞の増殖に影響をあたえることなう目印だけを作るようにするため、遺伝子改変ウィルス製剤を使った、というのが新しい方法なのです。

 

 

 

研究では標準抗原としてHER2が用いられましたが、ウィルスを用いて標準光源的に発言させる手法は、理論上様々な標準光源に応用可能と考えられています。

 

 

また、有害作用が少ない近赤外線を用いる光線免疫療法との組み合わせで、新しい治療の選択肢となることが期待されるということです。

 

 

 

 



 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください