スポンサーリンク

仙台・2人死亡事故、信号がユニバーサルデザイン非対応型だった

 

一時停止義務を守らず乗用車で交差点に侵入し、タクシーと衝突して2人を死亡させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死)に問われた宮城県富谷町、中学校教諭(52)の初公判が23日、仙台地裁(村田千香子裁判官)でありました。

 

被告は起訴内容で大筋で認め謝罪したうえで、『先天性色覚異常が有り、赤点滅の信号を黄色点滅と見間違えた』と述べたということです。

弁護側は今後、信号機が障害のある人でも見やすい『ユニバーサルデザイン』に対応していなかった点などから、情状酌量を求める方針だとのことです。

 

ユニバーサルデザイン型信号機

 

起訴状によりますと、被告は2014年6月16日午前5時10分頃、仙台市泉区の市道交差点で、一時停止義務の有る赤色点滅だったにもかかわらず、時速40~50キロで進入したというのです。

黄色点滅で左から来たタクシーと衝突し、男性運転手(当時65歳)と乗客女性(同63歳)を死亡させたとされています。

 

検察側の冒頭陳述などによりますと、現場の信号機は午後8時から翌日午前6時まで赤と黄色の点滅表示だったということです。

スポンサーリンク


 

LED型信号、点滅時は『見えにくい』との声が

色覚障害は、色の区別がつきにくい先天的な遺伝子異常で、日本人では男性の5%、女性の0.2%に見られ、計300万人以上いるとされています。

スポンサーリンク

 

東日本大震災以降、全国で消費電力の少ないLED(発光ダイオード)型への信号機切り替えが進んでいますが、しかし、従来型の信号機よりも色が見えにくいという指摘も有り、専門家は『誰にでも見やすい信号機の導入を進めるべきだ』と提言しています。

 

道交法施行規則は免許取得の際に、赤・青・黄色を識別する適性検査を義務付けています。

日本眼科医会理事の宮浦徹医師(大阪)は『色覚異常は日常生活で不都合は殆ど無く、信号機の識別も通常は問題はない。以上を自覚しているなら慎重に運転すべきだった』と指摘しています。

 

その一方で、『LED型信号や点滅信号は見えにくい、という話をよく聞く』とも話しています。

識別しやすくするために、九州産業大の落合太郎教授(環境デザイン)は、赤信号の中に特殊なLEDを配置して『X』印を示し、視覚障害者の人だけに『X』が遠くからでもよく見える『ユニバーサルデザイン信号機』を考案したのです。

 

2012年に福岡市で2ヶ月間設置する社会実験を行ったのです。

規格化すれば従来型と費用は変わらないとして、警察庁などに実用化を呼びかけているそうです。

 

米国やカナダでも赤信号の形状を変えるなど、色だけに頼らない信号機が試験設置されているということです。

落合教授は『色覚異常の人の多さを考えると、免許取得条件を厳しくするような規制強化は現実的ではない』と話しています。

 

お得な情報

ビジネスマンの味方♪通販限定のヘパリーゼ粒タイプ!

RambutSupplement(ランブットサプリメント)毛髪悩み成分2000mg配合 ランブットサプリ

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>