スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 女優・酒井若菜さん『膠原病』であることを告白 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

女優・酒井若菜さん『膠原病』であることを告白

スポンサーリンク

 

酒井若菜さん、自著エッセーで膠原病を告白

 

 

 

グラビアアイドルから女優へ、そして最近では作家としても活躍している酒井若菜(35)さんが、膠原(こうげん)病と戦っていることが18日分かりました。

 

 

酒井若菜

 

 

 

2月25日発売の対談・エッセー本で『酒井若菜と8人の男たち』(キノブックス)の中で、明かしているのです。

 

 

酒井さんは昨年のはじめに発症し、同2月に膠原病の診断をされたということです。

 

 

 

 



 

 

 

 

同書では、酒井さんが綴ったエッセーの他に、親交のあるナインティナインの岡村隆史(45)さんを始め、板尾創路(52)さん、佐藤隆太(35)さん、水道橋博士(53)さん、バナナマン日村勇紀(43)さん、マギー(43)さん、サンボマスター山口隆(40)さん、ユースケ・サンタマリア(44)という幅広いジャンルの方々との対談も、掲載しているということです。

 

 

ユースケさんとの対談では、『ペットボトルも開けられねーとかいっているしさ』と症状について聞かれ、『だいぶ良くなった。指が真っ直ぐになったんですよ。やっと、ま、チョット外向いちゃってるけれど』と答えており、日常生活で苦労した状況から、改善したことを明かしているというのです。

 

 

病気で落ち込み、ユースケさんとの食事会をドタキャンしたことも有るそうです。

 

 

更に、水道橋博士さんとの対談では、病名を公にすることについて、『病気の告白については考えますね。命の大切さを伝えるため、同じ病気の人を励ますためって』と決断した理由を明かしているとのことです。

 

 

一方、以前見た膠原病を題材にしたドラマについても触れ、『それは主人公が膠原病で死んじゃうかもしれないという前提で。そういうものを見た時に、励まされないですよね』と、複雑な思いも吐露しています。

 

 

 

 



 

スポンサーリンク

 

 

 

 

膠原病は、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称で、発祥の原因は分かっていません。

 

 

膠原病の成り立ち

 

 

 

体質・環境などの幾つかの要因が重なって発症するのではと、考えられています。

 

 

関節や筋肉の痛み、疲れやすく、微熱が続くなどの初期症状が有り、また、女性に多く見られる病気で原因不明の発熱として発見されることが多いのです。

 

 

 

 



 

 

 

 

クレンペラーによって提唱された膠原病は、病理形態学的に全身の膠原線維にフィブリノイド変性を来し、其の原因として自己免疫現象が考えられています。

 

 

全身性エリテマトーデス(SLE)、全身性硬化症(PPS),皮膚筋炎(DM),関節リウマチ(RA)リウマチ熱(RF)結節性多発性動脈炎(PN)の6疾患を古典的膠原病といいます。

 

 

現在では、これらに加えて、リウマチ性多発筋痛症、側頭動脈炎、(巨細胞性動脈炎)、多発性筋炎、シェーグレン症候群、混合性結合組織病(MCTD)、重複症候群、アレルギー性肉芽腫性血管炎、ウェグナー肉芽腫症などの類縁疾患を含めて扱うのが一般的です。

 

 

一般的に女性に多いと云われていますが、高齢になると男女差は縮まるということです。

 

 

 



 

 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください