スポンサーリンク

 

渡辺謙(56)さん、早期胃癌発見で胃がんで内視鏡手術を実施

 

 

 

早期の胃がんで、内視鏡手術を受けた俳優の『渡辺謙(56)』さんが、3月17日から米ブロードウェイのミュージカル『王様と私』に復帰することを発表しました。

 

 

渡辺謙

 

 

 

同ミュージカルを上演するリンカーンセンターが発表したもので、当初は3月1日から渡辺さんが出演することになっていたそうですが、治療と療養のため出演を遅らせることを発表していました。

 

 

3月16日までは、ホーン・リーが演じるということです。

 

 

渡辺さんは妻で女優の南果歩(52)さんに勧められ人間ドックを受診することにし、今月初めに長女で女優の杏(29)さんに紹介されたクリニックで胃がんが見つかったために、8日都内の病院で手術をうkていたのです。

 

 

胃がん内視鏡手術

 

 

 

内視鏡手術での処置なら、2週間程度で仕事に復帰することは可能と有り、渡辺さんも直筆コメントで「無理は禁物では有りますが、舞台に向けて鋭意準備を重ねております』と出演に強い決意をにじませています。

 

渡辺さんは、1989年に急性骨髄性白血病を発症し、94年にも再発をしていました。

 

 

 

 



 

 

 

 

渡辺さんは自身のツィッターで、人間ドックでガンが判明したこと、さらに検査を勧めたのが妻の南果歩さんで、受診先を紹介したのが長女の杏さんだったことを明かし、2人に感謝の言葉をかけていました。

 

 

『いやぁ驚きました』と切り出し、『妻が言ってと勧めた人間ドックでガン発見。早期だたため早々に手術しました。』とすでに療養に入っていることを報告したのです。

 

 

続けて『2月は療養に切り替えて、少し遅れてからNYに入ることになりそうです。ご心配かけますが、お待ち下さい』と呼びかけています。

 

 

早めの発見となったことに『この段階での発見は奇跡、点検は大事ですわ』としみじみ綴った渡辺さんです。

 

 

『妻、そして人間ドックを紹介してくれた娘にのも感謝です』と愛する2人への感謝の気持ちを期していました。

 

 

 



 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

 

 

胃がんとは

 

胃がんは長い間、罹患率でも死亡率でも、日本人のがんの第一位でした。

 

 

1998年(平成10年)に死亡率では肺がんに1位を譲りましたが、日本人が多く掛かる癌であることには代わりはないと云われています。

 

 

食事や生活習慣の変化に酔って若年層の胃がんは減っていますが、高齢者そうでは増えているため、全体としては、罹患数も死亡数も横ばい状態なのです。

 

 

男女の罹患率は、30代まではほぼ同じですが、年齢が高くなるに連れて男性で増え、60~70代前半では男性の胃がんは女性の約3倍になっているのです。

 

 

胃がんの死亡率が減ってきたのは、がん検診で早期に発見される例が多くなったためと、治癒率が高くなったためです。

 

 

胃がん患者の約半数は検診で見つかっており、早期がんは粘膜ガンならほぼ100%、粘膜下層ガンでも90%以上は治っているのです。

 

 

進行癌でも、筋層ガンなら5年史損率が80%以上に達しているそうです。

 

 

 



 

 

 

胃がんの主な原因は

 

胃粘膜の老化と食生活やピロリ菌が挙げられています。

 

 

日本人は世界的に見ても胃がんは多いのですが、其の理由に塩分のとりすぎ、喫煙、胃粘膜が弱いことなど、また井水の摂取によるピロリ菌が体内に入ってしまったことなどが挙げられます。

 

 

胃がんは粘膜に発生し、時間とともに進行していき、このうち粘膜下層までのものを早期胃癌、筋層より深くなったものを進行胃がんと呼ばれています。

 

 

早期がんには、隆起型、表面形、陥没型の3の方に分けられ、一番多いのは表面形のうちの表面陥没型だそうです。

 

 

できるところは、以下部と中部がそれぞれ4割とほぼ同じで丈夫が2割弱となっています。

 

 

 



 

 

 

現在の胃がんの治療法は

 

 

日本の胃がんの診断・治療法は世界的にもハイレベルにあるそうです。

 

 

第一の選択は外科手術ですが、ガンの再発を防ぐために健康な部分を残して胃の約3分の2を取る部分切除と、胃全体をとってしまう全摘出手術とが有りますが、なるべく全摘出手術は避けるようになってて来ているそうです。

 

 

早期胃癌の10~15%は、内視鏡を使った手術が積極的に行われるようになりましたが、抗癌剤などの化学療法がん細胞を小さくしてから手術をする方法が取られているそうです。

 

 

人間ドックなどでの早期発見によって、手術方法も左右されるということです。

 

 

 

 



 

 

 

 

スポンサーリンク