スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら バナナの皮の黒い点々が、皮膚がんの早期発見に一役 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

iPS細胞, 生活習慣病

バナナの皮の黒い点々が、皮膚がんの早期発見に一役

スポンサーリンク

 

バナナの皮で、皮膚がんをより簡単に発見・診断ができるかも!

 

バナナの皮の黒い点が、皮膚がんの早期発見に役立つかもしれない・・・・と、いう事が分かりました。

 

 

8日に、ドイツ科学誌『応用科学(Angewandte Chemie)に掲載された研究論文によりますと、バナナの皮を活用することによって、皮膚ガンがより簡単に診断が可能となり、患者の生存率上昇にも期待できると云うのです。

 

 

メラノーマ1

足にできた皮膚がん=メラノーマ

 

 

 

熟したバナナの皮には丸くて小さな黒点が表れますが、これはチロシナーゼとして知られる酵素の働きによるもので、この酵素は人の皮膚にも有るというのです。

 



 

 

皮膚がんの中でも、致死率の高い悪性黒色腫(メラノーマ)に苦しむ人に多く見られることが分かっています。

 

 

メラノーマ2

皮膚がんの主な発生部位

 

 

 

スイスの物理・分析電気学研究所の科学者チームは、こうした共通性に注目し、ガン用のスキャナーを開発し、患者の皮膚での応用の前にバナナの皮を使って試験と改良を重ねてきたたと云うことです。

 

 

科学者らはまず、メラノーマの成長において、チロシナーゼが信頼性の高いマーカーになると考えたということで、最も早期の第一ステージのガンでは、この酵素はあまり見られないというのです。




 

 

然し、、第二ステージでは、少しずつ均等に広がりだし、そして第三ステージでは不均等に拡散するということです。

 

 

この第三ステージまでに、ガンは他の器官に転移を始めるのだそうです。

 

 

米国ガン協会(ASC)によりますと、メラノーマがステージ一で検出された場合の10年生存率は95%ですが、この数字はステージ三中期までに43%に激減するというのです。

 



 

 

開発したスキャナーは、柔軟性の有る微小電極8本で構成されており、『くし』の形をしていて、これを皮膚に当てて、チロシナーゼの量と其の分布を調べるのだということです。

 

 

チームリーダーのウベール・ジロー氏は、『このスキャナーの利用で、侵襲的な組織検査は必要なくなる』と述べ、また将来的には、がん細胞の破壊にも利用できる可能性があると期待を寄せています。

 

AFP=時事通信より抜粋

 

 

 

 



 

 

 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください