スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 高齢者医療・薬もらいすぎ、病院ハシゴ受診で注意が必要 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

生活習慣病, 高齢者問題

高齢者医療・薬もらいすぎ、病院ハシゴ受診で注意が必要

スポンサーリンク

薬の情報が共有されず、重複で計36種類商法の例もある

 

 

医師が処方した多くの薬を患者が飲み続けた結果、具合が悪くなって救急搬送される例が後を絶たないと云うのです。

 

 

薬の情報が、医師同士薬剤師の間共有されず重複したり、飲み合わせが悪くなったりするからなのです。

 

 

厚生労働省は、患者が飲む薬を一元的に管理する『かかりつけ薬局』の普及を進めていますが、課題も多いのです。

 

 
抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

⇒ [Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

 

 

 

 

このような例も

 

茨城県水戸協同病院(水戸市)の救急外来には、薬の副作用で体調を崩した患者が多く運ばれてくるのですが、特にお年寄りが多いという事です。

 

 

同病院に勤務していた安倍智一医師らが、2013年末までの9ヶ月間に病院に運ばれてきた、85歳以上の高齢者381人を調べた所、7%が薬の副作用が原因だったと云うのです。

 

 

服薬していた高齢者の7割が5種類以上飲んでおり、最も多い人では22種類飲んでいました。

 

 

めまいや嘔吐などの症状で運び込まれてきた女性(86)は、13種類の薬を飲んでいたということで、そのうち高血圧薬や利尿薬による副作用が原因と見られたというのです。

 

 

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバー

 

⇒ まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバーヘテムル

 

 

 

 

 

尿が出なくなったという男性(87)は、不整脈を防ぐ薬の副作用が原因と見られ、12種類の薬を飲んでいたということです。

 

 

安倍医師は、『多くの病気を抱える高齢者は複数の診療科に掛かるために、薬が増えやすい。

 

 

体全体の機能が衰えており、薬の影響が強く出る。体の状態に応じ、常に薬の種類や量を見直す必要がある』と話しています。

 

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ありきたりの開運グッズで願望達成出来ますか?
心願成就は陰陽師が作る護符・霊符で叶えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

⇒ 恋もお金も幸せひとり占め!開運を呼ぶ護符・霊符販売 「かなえや」

 

 

薬剤師には限界が

 

 

兵庫県の30代男性は、偏頭痛、糖尿病、痛風、高血圧、肥満などの治療で4つの医療機関通っていましたが、4月にもらった処方箋を近所の薬局に出した所、計36種類の薬を渡されたと云うのです。

 

 

精神安定剤、食欲抑制剤、睡眠剤、抗不安薬、痛風治療薬、胃薬等々、『効き目がない』と、医師が処方をやめたはずの食欲抑制剤が、別の医療機関の医師によって処方されていたのです。

 

 

薬剤師は薬が多すぎると思ったが『一度体重を測ってみませんか』と助言することしか出来なかったそうです。

 

 

薬剤師は『お薬手帳』で患者がどんな薬を飲んでいるか把握することが出来るのですが、手帳の記録から薬の重複がわかっていても、薬の整理までは手が及ばないことが多いのだそうです。

 

 

不要な薬の整理に取り組む薬剤師の福井繁雄さんは『医療機関に問い合わせても直ぐに返事がもらえないこともあある。患者を待たせないために『処方箋』通りに薬を渡せば良いと考える薬剤師がまだ多い』と、話しています。

 

 

薬の処方も其のうちにマイナンバーで管理されるかも、飛躍的と云われるかもしれませんが現地味を帯びた話かもしれません。

 

 

 
ナイトワーク経験者必見!!その経験を必要としている企業があります!!
少しでも気になった方は『ANE JOB』に登録!!

⇒ ナイトワーク経験者必見!!その経験を必要としている企業があります!!


 

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください