スポンサーリンク

 

お酒はコントロールできるか、それはあなたの意識次第かも

 

 

 

この時期、忘年会で毎日お酒に浸っている方も多いのではないでしょうか?また飲み過ぎてしまったと、毎日朝起きて思う日々、それでも飲んでしまうノミニュケーション、サラリーマンは辛いものです。

 

 

酒文化研究所が、『飲酒コントロール~休肝日を実施していますか』をテーマに調査を行ったというのです。

 

 

厚生労働省による、日本人の飲酒適量は、1日あたり日本酒換算で2合(ビールなら1㍑)と云われており、更に週に2日ほど飲まない日を設けることが望ましいというのです。

 

 

つまり、1週間で考えるならば日本酒なら1.8㍑、ビールなら5㍑(350ミリ感で15本弱)程度が目安ということになるのです。

 

 

 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

⇒ [Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

 

 

 

 

飲む時の平均的な飲酒量と現段階での飲酒頻度は、飲酒量が適量までの人が53%で、少し飲み過ぎの定量の1.5倍までの人が29%、1.5倍を超えている人が18%だったというのです。

 

 

次に、休肝日(意識的に酒類を飲まない日)の有無ですが、『週に2日以上実施』が30%、『週に1日実施』が18%、『全く実施していない人』は42%居たのです。

 

 

念のため、休肝日以外に適量飲酒のために心がけていることを選んでもらうと、『飲む量や酔い加減を守る』が55%以下に、『酔った勢いでさらに飲まない(はしご酒など)』25%、『一気飲みは絶対にしない』が24%となっています。

 

 

ただ、此等のデータは酒文化研究所の調査ということで、調査対象者が酒好きが多いことは頭に入れておく必要があるでしょう。

 

 

 
動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!
容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバー

 

⇒ まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー【ヘテムル】

 

 

 

 

 

年齢別に、適量飲酒への対応を分析すると、興味深いことが見えてくるとか、中でも特徴的なのは50代に、飲む日の飲酒量は適量の1・5倍長が最も多いものの、休肝日実施率が高くメリハリが効いているようなのだとか、毎日飲む人も25%と最も低くなっているそうです。

 

 

40代までは、飲酒量はそれほど多くないのですが、休肝日実施率は低く、まだ自分には関係がないと考えてるようです。

 

 

60代以上になると、飲酒量も1.5倍超の層は13%まで下がり、休肝日実施率も下がり、毎日の無人は55%と最も高くなっているのです。

 

 

体力的にもまだ飲める50代では、ほろ酔いにとどまる飲酒量セーブではなく、休肝日を決め飲み過ぎを防止しようとしている姿が伺えるのです。

 

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ありきたりの開運グッズで願望達成出来ますか?
心願成就は陰陽師が作る護符・霊符で叶えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

⇒ 恋もお金も幸せひとり占め!開運を呼ぶ護符・霊符販売 「かなえや」

 

 

 

 

休肝日を始めた理由として、『健康維持のため』が61%と最も高く、具体的には『医師や家族のススメ』、『高血圧や糖尿病予防のため』、『酒に弱くなったと実感した』、『ダイエットのため』が2割強ずつ上がっているという事です。

 

 

休肝日ではなく、日々の適量を守ることを選んだ50代は『健康診断でやむを得ず休肝日を実施したら体調も良くなったので、今は毎日の無我適量に日本酒1合と定め厳守している』、『毎日飲んでいるが飲む時間を短くするようにした。必ず当日中に入浴して就寝している」などのコメントがあったと云うのです。

 

 

50代という年齢は、いろいろな意味で悩み多き世代なのかもしれませんね!

 

 
ナイトワーク経験者必見!!その経験を必要としている企業があります!!
少しでも気になった方は『ANE JOB』に登録!!

⇒ ナイトワーク経験者必見!!その経験を必要としている企業があります!!